この新着情報ページでは、概要ページで掲載しきれなかった本書寄稿予定者の情報を一部公開させていただきます。

 

十三人目は、現役学生の部で寄稿予定、宇宙の世界に挑戦するために休学を選んだ、植松さんです!

 

名前:植松 風登(京都大学工学部4年次休学中)

 

~マリファナ吸って死にかけた京大生が休学して宇宙ベンチャーを立ち上げた話~

 

はじめまして! 京都大学工学部4年(休学中)の植松 風登と申します。 現在は「月に家を建てる」ことを目指す宇宙建築ベンチャー "OUTSENSE" でCCOを務めています。

 

‐本書を通して伝えたい経験や想い、意気込みなど

幼い頃からずっと宇宙が大好きで、大学でも宇宙工学を専攻していましたが、想像していたものと実際に机上で学べるものとのギャップに幻滅して、密度の薄い日々を過ごしていました。

 

そんな状況を大きく変えたのが、5月に行ったアメリカ旅行でした。合法にマリファナを吸ってみたところ、呼吸困難になって救急車まで呼ばれる事態に…。ガチで死にかける体験をしました。本書では、そこから休学をして宇宙ベンチャーを立ち上げるに至るまでの出来事や考えたことをご紹介できればと思います!

 

‐最後に一言

学生生活に何の不満もない人は、休学なんてする必要がないと思います。ただ、少なくとも僕は、休学をしてから本当にQOLが上がりました。休学というものが、もっと立派な選択肢のひとつになることを期待しています。

新着情報一覧へ