この新着情報ページでは、概要ページで掲載しきれなかった本書寄稿予定者の情報を一部公開させていただきます。

 

十八人目は、現役学生の部で寄稿予定、休学して世界一周の旅に出た堀江君です!

(2017年休学中、ボリビアのウユニ塩湖にて撮影)

 

名前:堀江 健吾(筑波大学社会・国際学群社会学類4年次3年)

 

〜「いつかやりたい」の「いつか」っていつ来るの?〜

 

初めまして! 筑波大学 社会学類 4年次3年の堀江健吾と申します。

僕は、台湾留学中の高校時代、たまたま手にした世界一周の本をきっかけに、「大学に入ったら、絶対世界一周の旅に出るんや!!」と心に決めてました。

 

それから旅立つまでの5年間、何度も旅を諦めようかと真剣に悩んだ時期がありましたが、最終的に自分の欲望をとことん追求してやろうと思い、2017年から2018年の年明けにかけて、約7ヶ月にわたる世界一周の旅に行ってきました。

 

旅立つ前は長く感じた旅立ちまでの道のりも、いざ旅立つとあっという間でした。そして、旅に出て様々な事を学びました。自分にとってこの一生モノの学びは、日本で普通に生きているだけでは到底得られないものでした。変わったことは沢山あります。ただ、旅の前後で変わらなかったことは、「他人と同じように生きるのは嫌だ」ということです。そして、自分の気持ちに正直であり続けることの大切さを改めて実感しました。

 

やりたいことや成し遂げたいことがあるけど、イマイチ踏ん切りがつかない…。そんな時は異国の地へ長いようで短い旅に出かけてみてはどうでしょう。僕の経験がこれから大学に入って何をしようかと考えている後輩たちに、漠然とした「何か」から「自分のやりたいことをとことん突き詰める」ということを体感し、自分の人生の具体的な目的や夢を見つけるきっかけになれば幸いです!

 

人生は夢だらけ!ワクワクしようぜ!!

新着情報一覧へ