プロジェクトがスタートしてから

早いもので、10日以上経ちました。

 

多くの応援のコメント、ご支援をいただき

感謝の日々です。

 

今日は、このプロジェクトの表紙を飾っている馬のことを

お話しします。

満面の笑みの私とは対照的に

怒っているのか迷惑なのか、やや耳を伏せている

ジェントル。

 

クラインガルテンにやってきて

10年近く経ちます。

 

もともとクラブへ来る前から「咬癖がある」とは聞いていましたが、

一時 悪化した時には

とても扱うのが大変になりました。

 

厩舎内で歯をむいて飛びかかってきたり。

手入れ中も咬まれたり。

 

「馬の悪癖は直らない。むしろ悪化する。」

そう聞いていましたし、

過去にそういう馬たちを見たことがありましたから、

半ば諦めかけていたのですが・・・。

 

ホース・クリニシャン宮田朋典さんのクリニックを

受けて、いま良い方向へ向かっています。

何度もジェントルに噛まれた私ですが、

今では噛む素振りもあまり見せなくなってきました。

 

時間はかかりますし、忍耐も求められますが

馬の「悪癖」と呼ばれる行動を

改善できることを目の当たりにしました。

 

 

絶対にどの馬も改善できると言い切れませんが、

ジェントルのように改善していく可能性は多いと思っています。

「悪癖」ゆえに行き場をなくす馬もいるかと思います。

 

そういう馬たちの「社会復帰」にかける努力は

もちろん馬のためでもありますが

 

人間の、学び・成長にもつながる。

そう信じています。

 

 

 

新着情報一覧へ