画廊の入り口に沢山貼ってある、さまざまな案内状を見て、単純にきれいだなと思うし、小さなカードからでも、伝わる物はちゃんと伝わるんだなと、いつも思っていました。

そうだこれをマチの中に展示したらどうだろうか、と思いついたのが始まりです。

そして、この人通りの少ないマチで展示するだけではなく、小冊子にすればもっと多くの人にも、いつだって、どこでだって見てもらえるし、記録にもなる。

そう思うと、そうだ、展示毎にちゃんと小冊子を作って配ろう。と思うところまでは、あっという間にたどり着きます。

1年に一回ではなく2ヶ月に1回となると、結構お金も時間もかかるよな。どうしようと考えている時に、このクラウドファンディングの話を聞きました。

そうだこれだ!

と膝をたたいた時から、さまざま調べて申し込みをして、ここまで来るのに2ヶ月が過ぎてしまいました。

でも、あっと間の出来事でした。

そしてこれから、60日間で目標の50万円を沢山の方からご協力をいただかなければなりません。

これって、実際こうして始まってみると、大変なことなんだなと今更ながらの実感です。

さぁ、これからTwitter、Facebookに直にメイルでお願いをしにゆきます。

どうぞ、よろしくお願いをします。

小さなマチの大きな望み。

マチに美術が見える日々を作るために!

新着情報一覧へ