READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

マドレ式対話メソッドを次世代へ8386人と育てた10年の知見

マドレ式対話メソッドを次世代へ8386人と育てた10年の知見

支援総額

4,447,500

目標金額 3,000,000円

支援者
394人
募集終了日
2019年6月13日
プロジェクトは成立しました!
16お気に入り登録16人がお気に入りしています

16お気に入り登録16人がお気に入りしています
2019年05月16日 08:00

ひとの、ひとりひとりの。(鈴木かおるさん)

こんにちは、鈴木かおる(ニックネームはつじっこ)です。

 

マレボニータ正会員で、マドレOGコミュニティ「ハナコマドレ」の発起人です。

4歳と1歳の息子がおり、この春2度目の育休から復帰しました。ITサービス業の品質管理関連の仕事をしています。

 

 

 

書きたい気持ちがあふれたので書いてみます。

 

🔴わたしは、わたしの感覚がずっと「普通」だと思って生きていました。少なくとも、出産前まではかなりそうだと信じていて、これは美味しいからきっとみんな美味しいと思うはず、とか、私の感覚でOKだから、NGの人っていないでしょ?なんて、何の疑いもなく考えていました。

 

🔴全てを多数決で決めることの危うさにうすうす気づいていたのだけれど、実際の行動としてそこまで気にかけられていませんでした。

 

🔴赤本の後ろのページをすぐめくってしまうように、答えを欲しがる人でした。二元論というか、答えの有る無しに拘ったり、良いか悪いかを決めたがるというか。そういえば、幼い頃からずっと、「すごいね~!」「いいね!」「それはちょっとよくないね」と、周囲にジャッジして・されて生きてきました。

 

🔴イキイキと輝いてる人が語る姿をみて、あんなにイキイキしてて羨ましいな、それに比べて私は…と思ってました。

 

今書いたこと全てへの感覚が、産後を起点に、NECワーキングマザーサロン(以下サロン)への参加と、ボランティア参画によって、変わりました。

 

 

サロンには、実に様々なバックグラウンドをもつ方が参加し、回ごとに話題も異なります。たとえばごはんのつくりかたへのこだわり、時短かフルタイムか、出世か現状維持か。二元論に行きがちな話題でも、だいじなのは、多数が良いとか少数が悪いとかではありませんでした。

あ、自分とは違うな、という人の話をきいてモヤっとしたとき、自分は何に対してモヤっとしたのか、どうしたいと思っているからモヤっとしたのか、それは拘るところなのか、手放していいって思えるものなのか。

良い?悪い?

それは、他人に答えを求めるものではありませんでした。

そもそもサロンに良し悪しのジャッジはなく、あったのは、

 

「ああ、そういう気持ちが、私に、いま、あるね」

 

そして、

 

「自分は、どうありたいか?」

 

でした。

 

他人軸ではなく、自分がどうおもうか、どうしていきたいか。

それを深く考えることは、思い出すにも苦く蓋をしてた過去の自分と向き合うことも多く、苦しさを伴うこともありました。

 

そして、サロンを運営する側のボランティアになると、更に「自分は、どうありたいか」に向き合う機会が増えました。

毎回サロンを振り返る時間にどんなとき何を感じたか、それはなぜなのかを深く掘り下げて考えたり、全国のメンバーと知見をシェアしあったり交流する機会において、違和感を持ってモジモジしてたりすると、すかさず、「つじっこはどう思うの?」ときいてくれるたくさんの仲間がいました。

「こう思う」と言っても誰も「それは違う!」と打ち負かされたりしない場がありました。

その考え方は、普段や仕事の時にも顔を出すようになって、いつしか、自分の気持ちの機微を丁寧に扱うことが習慣になっていました。

 

ボランティアメンバーと

 

明確な答えを誰も持っていない問いが、世界に溢れている。

いまの子どもたちが大人になるころ、超高齢化社会の中、世代間ギャップも大きくなり、歴史や文化の違う方々ともっと場をともにすることが増え、異なる価値観を受け入れざるを得ない。そんな世界が加速してる。

そんな中、ひとりひとりの「自分どうありたいか」が、そして、「違いがあるね」と、そこからはじまる対話の力こそが、豊かで持続可能な社会を支えるのではないかな。

そういうことに気づかせてもらえたのが、サロンであり、サロンプロジェクトでした。

今年不惑を迎える大人として、これからの私がどう未来の社会に貢献できるかな。具体的に何が出来るかな。ひとつひとつ、動いていけるといいなと思っています。

 

今まで描いた「希望を象徴する絵」

 

ーーー

私をそういうふうに変えていった、

サロンとはどういう場だったのか少し興味がある

サロンプロジェクトがなぜ人を惹きつけたのかもっと知りたい

このサロンでの対話ってどういうこと?

これから、自分がどうしていきたいかよくわからない

自分は今のままでいいのかな?と感じている

ていうかそういうことを考えたことあんまりなかった

最近自分を主語に話してない

充実したひとり時間がほしい

 

そんな方に来ていただきたいなーと思ってるイベントが、5/18(土)に開催されます。性別問わず、過去のサロンへの参加有無問わず、対話の場を体験いただけます。

 

 

***

お知らせ》5/18(土)イベント開催<残席僅か>←満席になりました!

「MadreBonitaDAY2019 

 NECワーキングマザーサロン10年の軌跡~ありがとうとこれから~」

市民がつくる対話の場「NECワーキングマザーサロン」の10年の活動から生まれた「マドレ式対話の場づくり」を体感できるイベントです。

「対話」「場づくり」「コミュニティ」に関心ある方、マドレボニータの活動やその豊かなコミュニティに触れてみたい方、ぜひいらしてください!
▼詳細・お申し込みはこちら
https://mbd2019.peatix.com/


 

 

「マドレ式対話メソッド」とは

「NECワーキングマザーサロン」とは

一覧に戻る

リターン

3,500

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【全額寄付】プチ応援コース(寄付金控除対象)

全額寄付のコースです。リターンはいらないけれど、この取り組みに一口乗りたい、応援したい、という方はぜひお願いします。
・団体から領収書を発行いたします(2020年1月)

-----
マドレボニータは認定NPO法人になりましたので、確定申告で、寄付金控除を受けることができます。税額控除の額は(年間の寄付金額-2,000円)× 40%となります。

支援者
127人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年1月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【全額寄付】全力応援コース(寄付金控除対象)

全額寄付のコースです。リターンはいらないけれど、この取り組みに一口乗りたい、応援したい、という方、ぜひお願いします。
・特設サイトにお名前を掲載いたします(ご希望の方のみ)
・団体から領収書を発行いたします(2020年1月)

------
マドレボニータは認定NPO法人になりましたので、確定申告で、寄付金控除を受けることができます。税額控除の額は(年間の寄付金額-2,000円)× 40%となります。
1万円をご寄付いただいた場合、税額控除額は(寄付金額10,000円-2,000円)× 0.4 = 3,200円です。払うはずだった税金3,200円分が減税となり、その分マドレボニータに直接渡せる、つまり税金の投入先を自分で選べるという仕組みです。

*注意事項:お名前の掲載について、公序良俗に反するもの、政治性・宗教性のあるものその他不適切な表現を含む場合はご希望に添えない場合がございます。

支援者
35人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年1月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

テキスト『マドレ式対話の場づくりの手引き』

マドレ式対話メソッドおよび対話の場づくりの知見が詰まったテキスト『マドレ式対話の場づくりの手引き(仮称)』 をお届けします。
これ1冊で、マドレボニータの対話プログラムや場づくりのすべてがわかります。

支援者
172人
在庫数
26
発送予定
2019年12月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

マドレ式対話の場づくり「オープンラボ」参加チケット

今夏開催の「マドレ式対話の場づくりラボ《夏ラボ》」(全4回)のうち、第3回の2019年8月31日(土)は「オープンラボ」として単発でもご参加いただけます。
ゲストとして、NPO法人CRファクトリー代表・呉哲煥代表をお招きし、マドレボニータ代表・吉岡マコとのトークセッションも行います。

・日時:2019年8月31日(土)10~16時予定
・会場:東京都内(調整中)
※「オープンラボ」の参加チケットは、「クラウドファンディング」での購入のみとなり、定員になり次第締め切ります。

支援者
40人
在庫数
完売
発送予定
2019年8月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【全額寄付】ハイパー応援コース(寄付金控除対象)

全額寄付のコースです。リターンはいらないけれど、この取り組みに一口乗りたい、応援したい、という方、ぜひお願いします。
・特設サイトにお名前を掲載いたします(ご希望の方のみ)
・団体から領収書を発行いたします(2020年1月)

------
マドレボニータは認定NPO法人になりましたので、確定申告で、寄付金控除を受けることができます。税額控除の額は(年間の寄付金額-2,000円)× 40%となります。
3万円をご寄付いただいた場合、税額控除額は(寄付金額30,000円-2,000円)× 0.4 = 11,200です。払うはずだった税金13,200円分が減税となり、その分マドレボニータに直接渡せる、つまり税金の投入先を自分で選べるという仕組みです。

*注意事項:お名前の掲載について、公序良俗に反するもの、政治性・宗教性のあるものその他不適切な表現を含む場合はご希望に添えない場合がございます。

支援者
14人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年1月

35,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【限定15名】「夏ラボ」参加チケット+テキスト『マドレ式対話の場づくりの手引き』

今夏開催の「マドレ式対話の場づくりラボ《夏ラボ》」(全4回)の参加チケットです。
対話の力を育むための、相互的で体験的な学びの場です。
・日時:7/20、8/3、8/31、9/21(土)10~16時予定 (4回連続)
・会場:東京都内(調整中)
・内容:対話を深める(話す・聴く、1対1~多数の場)、場づくりの意図と方法、プログラムを紐解く、進行練習と量稽古、オンラインコミュニティ、実践課題(予定)

※「夏ラボ」の参加チケットは、「クラウドファンディング」での購入のみとなり、定員になり次第締め切ります。

支援者
13人
在庫数
2
発送予定
2019年7月

100,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【全額寄付】スペシャルサポーター(寄付金控除対象)

全額寄付のコースです。リターンはいらないけれど、この取り組みに一口乗りたい、応援したい、という方、ぜひお願いします。
・特設サイトにお名前を掲載いたします(ご希望の方のみ)
・団体から領収書を発行いたします(2020年1月)

------
マドレボニータは認定NPO法人になりましたので、確定申告で、寄付金控除を受けることができます。税額控除の額は(年間の寄付金額-2,000円)× 40%となります。
10万円ご寄付いただいた場合、税額控除額は(寄付金額100,000円-2,000円)× 0.4 = 39,200です。払うはずだった税金39,200円分が減税となり、その分マドレボニータに直接渡せる、つまり税金の投入先を自分で選べるという仕組みです。

*注意事項:お名前の掲載について、公序良俗に反するもの、政治性・宗教性のあるものその他不適切な表現を含む場合はご希望に添えない場合がございます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年1月

300,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

「マドレ式対話の場づくりラボ」開催招致権

「マドレ式対話の場づくりラボ」を丸ごと開催できる権利です。自分の地域で開催したいという方が、ラボを招致することができます。
・開催日程、場所、方法等はご相談のうえ決定いたします。
・テキストは含みません。ラボ開催の会場費および旅費交通費は別途ご負担いただきます。

支援者
2人
在庫数
1
発送予定
2019年12月

300,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

講演・個別相談「リモートでコミュニティを運営するコツ」(3時間)

マドレボニータは創設時から全員がリモートワークです。アメリカ在住の事務局長をはじめ、スタッフは東京、長野、大阪、奈良と居住地はバラバラ。またインストラクターや、100名を超えるボランティアメンバーも、オンラインでコミュニケーションしています。
物理的な距離は離れていても、団結力をもって運営していくノウハウを蓄積してきたマドレボニータのスタッフがご相談にのり、その知見を惜しみなくシェアさせていただきます。
・開催日程、場所、方法(対面/オンライン)等はご相談のうえ決定いたします。
・会場費および旅費交通費は別途ご負担いただきます。

支援者
0人
在庫数
3
発送予定
2019年12月

500,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

吉岡マコ講演会お好きな場所で開催

創業21年、法人設立11年の経験から、講演会、相談会などのニーズにお応えします。
0を1にする、1を100にする、リーダーシップ開発、エンパワメント、人が力を発揮することについて、半径50センチを掘り下げること、スケールアウトとクオリティ、コミュニティ創造論、コミュニティ生成論など、テーマはご相談に乗ります。
・開催日程、場所、方法等はご相談のうえ決定いたします。
・会場費および旅費交通費は別途ご負担いただきます。

支援者
0人
在庫数
3
発送予定
2019年12月

プロジェクトの相談をする