READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

自粛期間の今、子供たちに絵本を届けたい!

MAKi

MAKi

自粛期間の今、子供たちに絵本を届けたい!
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

0

目標金額 130,000円

支援者
0人
募集終了日
2020年7月17日
0人 が支援しました
募集は終了しました
0お気に入り登録0人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

0お気に入り登録0人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

▼自己紹介

 

名もなき大学生の挑戦

 

ご覧いただきありがとうございます。

この度クラウドファンディングをさせていただきます牧野翔太郎と申します。19歳。

春休みも、コロナウイルスの影響で家に留まざるを得ない状況となってしまいました。

しかしこの状況を逆手に取ると、創作活動がしやすいのでは?と考えました

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

自分自身現在大学に通っておりまして、自粛期間の今はオンラインでの授業となっています。

実家暮らしでして、中学生の妹と小学生の妹が1人ずついます。

どちらも現在は学校が休校中ですので家にいるのですが、「ひま〜」とやることがなくとても

退屈そうです。この状況は何も私の兄弟だけではなく、どこのご家庭も同じだと想像できます。

そんな子どもたちの暇つぶしに少しでもなれば良いなと思い、絵本の制作をはじめました。

 

 

 

▼プロジェクトの内容

 

そもそもなぜ絵本なのか

 

自分自身物書きが結構好きです。それが読み物になりうる良い文なのか、

共感できる文なのかはさておき、今の思いや気持ち、考えを書くことを好んでおります。

 

普段なら日記にすればそれで良いのですが、

せっかくならば新しいことにチャレンジしよう!と思い、絵本にたどり着きました。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

追記)やっぱりこれは「絵本」じゃない

 

絵がついた本ということで絵本と言っていましたが、一般的な絵本より

複雑な内容となっています。

絵本という言葉は子供向けのイメージを持っていますが、

今回の「絵本」は小説のような普通なら文字だけの読み物に絵がついているようなものと

イメージしていただけるとわかりやすいかとおもいます。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

▼プロジェクトの内容

 

物語の冒頭部分のあらすじ

はじまり部分を公開しました。

 

ちょっと変わった考えの持ち主でいつも笑い者にされる主人公。

そんな主人公を支えてくれるたった一人のかけがえのない友達XX

XXがある日インターネットの存在を教えてくれる。その良さに気づいた主人公は「テレワーク」で成り立つ会社を立ち上げるが、世間に受け入れられず非難の嵐。

またある日、クラスメイトが「豚鼻」とからかわれ、いじめられているのを目撃する。

1週間後、一人の美女が教室へ。転校生かと思われた美女は「豚鼻」の席へ。

その美女は整形をした「豚鼻」だった。

もう「豚鼻」ではなくなったものの、整形への抵抗感から彼女は距離を置かれる存在となってしまう。

そんな中、主人公は整形を広めようと活動するがこれもまた批判の嵐。

次々に失敗に終わる主人公は・・・

 

 

絵本冒頭1

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

 

 

今回の超短編物語制作に込める想い

 

今回のプロジェクトを通しての目的は2点です。

1点目は先にも述べさせていただきましたが、多くの子供達の暇つぶしになればと

思っています。

2点目に物語の作り方はもとより文の書き方も何も知らなかった全くの素人が

どこまでできるのかというある種の実験で、成功すれば夢見る若者たちの前例と

なることができます。

 

デジタル世代になった今、簡単に情報を発信できる時代となりました。

しかしながら情報の受け手に回るばかりで守りに入りチャレンジする人が

減っていったように思えます。

 

今回のプロジェクトが「誰でもチャレンジしていいんだ」という心のモデル

になり子どもたちも活字に触れることで、世の中がクリエイティブで

満たされることを切に願っております。

 

 

資金の使い道

 

・分業制担当報酬(給料)・・・7万5千円

 

※制作につきまして、作・文は私自身で書き上げましたが、絵はクラウドソーシングサイト(オンラインの求人募集)にて募集させていただきました方が描いてくださっております。

その方への報酬として、資金を使わせていただきます。

 

以下、今回のイラストレーター じいじさまの作品の一例

  

 

※ じいじさまより許諾を得て画像を掲載しています

※今回の絵本における絵のタッチとは少し異なりますが、

参考程度にご覧ください

 

・製本・印刷代・・・5万円(1枚あたり2500円(税込み))

予定金額以上に集まった金額に関しましては主にこちらの製本・印刷代に

充て、増刷させていただきます。

 

・手数料

 

 

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

制作スケジュール

 

3月15日 制作パートナー(イラストレーター様)募集開始

5月中旬 クラウドファンディング開始

7月   クラウドファンディング終了

9月〜10月頃 製本開始、完成後順次リターン発送

 

※コロナウイルスの影響によりプロジェクトもしくはリターンに

延期や遅延が発生する可能性があります

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

・プロジェクトの終了事項 

 制作物

 絵本

 

 制作完了予定日

 2020年10月15日

 

 制作個数

 絵本20冊

 

 

 

 

 

 

プロジェクトの詳細をひらく

プロフィール

プログラミングを勉強したり、絵本を書いたり、麻雀を勉強したり、将棋をかじったりしているごく普通の19歳です。九州大学農学部2年生に在籍しています。

リターン

500

alt

レターリターン

お礼の手紙を直筆で一人一人に書かせていただきます

支援者
0人
在庫数
500
発送予定
2020年9月

2,000

alt

ブックリターン

出来上がった製本を送らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
20
発送予定
2020年10月

3,000

alt

ネームリターン

制作支援者として巻末にお名前を掲載させていただきます

*注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先
 (https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

支援者
0人
在庫数
30
発送予定
2020年10月

5,000

どこかの子どもに絵本を届けられる券 1枚

どこかの子どもに絵本を届けられる券 1枚

メッセージや支援者さまのお名前をつけて、
どこかの子どもにこの絵本を届けることのできるリターンです。

※事前に届けたい箇所がございます場合には、このリターン上に付属しています質問にご回答いただく形でお知らせください。

特にない場合は、SNS(主にFacebook)を通じて募った子どもさんあてに贈らせていただきます。
仮にどうしても寄贈できなかった場合は支援者様宛に1冊送付させていただきます。

*注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先
 (https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

支援者
0人
在庫数
30
発送予定
2020年10月

50,000

alt

女の子よ、君の名は。リターン

・作中に主人公のクラスメイトでの女の子が登場するのですが、その女の子のネーミング提案権です(ほぼ命名権ですがあまりにも不適切なものはお断りさせていただきます)
・共同制作者として本の巻末にお名前を掲載させていただきます

*注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先
 (https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

支援者
0人
在庫数
1
発送予定
2020年10月

50,000

どこかの子どもに絵本を届けられる券 10枚

どこかの子どもに絵本を届けられる券 10枚

メッセージや支援者さまのお名前をつけて、
主にどこかの団体に所属している子どもにこの絵本を届けることのできるリターンです。


※事前に届けたい箇所がございます場合には、このリターン上に付属しています質問にご回答いただく形でお知らせください。

特にない場合は、SNS(主にFacebook)を通じて募った団体さんあてに贈らせていただきます。
仮にどうしても寄贈できなかった場合は支援者様宛に10冊送付させていただきます。

*注意事項:このリターンに関する条件の詳細については、リンク先
 (https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

支援者
0人
在庫数
10
発送予定
2020年10月

プロフィール

プログラミングを勉強したり、絵本を書いたり、麻雀を勉強したり、将棋をかじったりしているごく普通の19歳です。九州大学農学部2年生に在籍しています。

あなたにおすすめのプロジェクト

「屋久島の良さってどんなとこ?」高校生が考える地域貢献活動!

屋久島高校PTA屋久島高校PTA

#子ども・教育

50%
現在
502,000円
支援者
24人
残り
33日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする

プロジェクトの相談をする