ツボの効能とは?

みなさんこんにちわ!

ゴールデンウィークはしっかり休めましたでしょうか?

 

連休明けは仕事や家事が億劫だ。。。という方も多いと思いますが、ツボマッサージはリラクゼーションにも非常に効果があります。


ということで、本日から何回かに分けて、ツボ押しマタニティヨガの最も重要なポイントの一つ、ツボについて解説しますね!

 

ほとんどの方は『ツボ』という名称は聞いたことがあると思います。

でも鍼灸院や接骨院に治療で通院したことの無い方にとっては、何となく分かるような分からないようなというのが実際の所ではないでしょうか?


Wikipediaによると、

 

『経穴(ツボ)は、もとは中国の中医学に由来し経験的な知見により見出されたものである。

 

重要な神経・血管・筋走行上に位置したり体性-内臓反射等で医学的関連があり、現在ではWHOにおいても治療効果が認められている。

 

中医学、漢方医学的説明では、経穴は「気と血」のエネルギーの通り道であるといわれる経絡上にあって、気血が出入りし、経絡が合流したり分枝したりする経絡状の重要なところである。

 

多くは筋肉の間,関節や骨の陥凹部,動脈の拍動部及び分岐部,神経線維や血管が密集しているところに存在する。

 

一般的にはツボと呼ばれ、また「穴(けつ)」とも呼ばれるように、熟練した鍼灸師が触診すると、微細な陥凹部としてとらえられる。

 

ツボの数は361穴とされており,多くは筋肉の間、関節や骨の陥凹部、動脈の拍動部及び分岐部、神経線維や血管が密集しているところに存在する』

 

 

となっています。

 

なんだか余計わけ分からなくなりそうです(´д`ι)

 


ということで、whikipediaの長い解説を一文で強引にまとめてしまうと、

 

『体のエネルギー(気)の通り道にある、体内のコンディションと連動しているポイント』

 

ということです。かなり強引ですが (。-_-。)

 

 

そのため、お仕事や連休明けで『疲れた~。。。』という時、単に体を休ませるだけでなく、ツボの場所と効果を知っていれば、体内の血流を整え、体のコンディションをより効果的、効率的に良い方向へ導くことができるようになります。

 

でもWikipediaにもあるように、ツボは361ヶ所もあるし、『微細な陥凹部として』なんて書かれると、素人にはちょっとハードルが高いというイメージがあるのも事実。

 

また鍼灸院やマッサージは一回数千円もかかってしまうし、しょっちゅう行くのはキツイなという方も多いのではないでしょうか?

 


ということで自宅でお一人さま向けツボ押しマタニティヨガ!。。。

 

なんて宣伝になってしまいそうですが、ともかくツボの場所と効果を知っているだけで、随分とお小遣いが節約できたりするんですね!

 


ということで次回から、いくつかツボの説明をしてゆきます!

 

 

ツボ押しマタニティヨガDVDプロジェクトも資金の募集をしております。

 

皆さんのお友達、同僚、先輩や後輩の方々の中にも、お腹が大きくなり始めている新ママさんがいらっしゃいませんか? 

 

言葉に出しては言わなくても、多くの新ママさんが心身にとっても大きなストレスや負担を抱えながら、日々を過ごしています。

 


このプロジェクトはそんな新ママさんたちの負担を軽減したいというきっかけから生まれました。

 


是非とも皆様のご支援をお願い致します!

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています