RFをご覧の皆様
こんばんは、大竹です。


とうとう12月になりました。皆さんはどんな1年だったでしょうか?
皆さんにとって最後の月が素晴らしいものでありますように!

 

前回の続きで先日終わった音声ガイド(副音声)作りにあたり、

視覚障がいの方にチェックしもらったのですが、その方々からお礼のメールを頂いたので、是非、ご紹介させて下さい。
 


モニター うきちゃんのご感想

音声ガイド作成お疲れ様です!

私がお会いした皆さんは音声ガイド作りは初めてとお話しされていました。

ガイドを聞いてみて思ったのですが、初めてとは思えないほど、説明が入っていて、
まずはそのことに驚きました!

 

画面に映っている情報はたくさんあります。
それらを画面の見えない方に説明するのはたいへんなことです。

 

ですが、友達に目の見えない方がいらっしゃって、映画が見たいんだけどと言われた
時に、皆さんは隣でわからない場面を説明しますよね?
どんなふうに説明したら目の見えない友達に映画を伝えられるでしょうか。そんなこ
とを想像してみてください!


音声ガイドの技法はまずおいておいて、そういう気持ちを持って作ってもらえたらき
っとよいものができると思います。

私は若い皆さんにこれからの社会では障害がある人もない人も、お互いの能力を携え
て、今以上にもっといいものを作っていけたらいいなあと思っています。
それは、生活でも、仕事場でも同じです。


なので、皆さんには、そのきっかけが音声ガイド作りであればいいなあとも思ってい
ます。
他の人のことを考えられるものつくりって素晴らしいですよね!
ご成功心からお祈りしています。

(ガイド制作最終日、運営メンバー、音声ガイド制作者、モニターの方たち集まっての集合写真です。総勢30名は超えています。)

 


うきちゃんの言う通り、誰かの為に想い行動することは本当に素晴らしい事で、そういった行為は必ず自分に違う形の幸せとなってやってきます。

 

参加した人たちすべてに素晴らしい幸せがもっともっとやってくる。

それを考えただけでも、心が温かくなってきます。

 

3週間を切り、現在達成率が87%です。
応援してくださる方のためにも、これからも頑張っていきますのでご声援宜しくお願いいたします!

 

新着情報一覧へ