本日は、カンボジアの伝統舞踊であるアプサラダンスについて少し紹介したいと思います。

 

何故アプサラと言うのでしょうか。
このアプサラとは「天使・天女」を意味し、踊りは神への祈りとして捧げらるものとして伝えられています。

 

アプサラダンスは、踊っている女性の反り返った手と指の動きがとても特徴的です。
それぞれの手や指の動きには意味があり、

生命の一生、儚さを花の芽生えから実が落ちるまで例えて表しているそうです。

 

実際にメンバーで真似をしてみましたが、このような手と指の動きは、日頃の練習がなければ難しい事であると感じました。

 

ポル・ポト政権時代に、宮廷古典舞踊は王政を祭わるものとして、300人を超す先生や踊り子のうち90%もの人々が処刑の対象となってしまいました。

しかし、そのような残虐な出来事があったとしても続いてる事は伝統舞踊として強く根付いているのだと思いました。

 


カンボジアに行けば、レストランなどでこのアプサラダンスを見ることが出来ます。
皆様も是非カンボジア伝統舞踊に触れてみてくださいね!

 

 

参考文献
カンボジアナビ「カンボジアの伝統舞踊・アプサラ」

新着情報一覧へ