【 ため池設置 】

 

2013年、春のスタディツアーの時に、グラフィス小学校の校長から水不足が大きな問題となっている為、ため池が欲しいという話が挙がりました。Michiiiiメンバーや現地の方々と話し合いを重ねた結果、学校の為にも村の為にもなるのではないかと考え、ため池の設置を行いました。

 

ため池は約30万円程で作れるとの事で、チャリティイベントを開催し資金を集め、多くの方の協力を経て、同年の夏にため池を設置する事ができました。

カンボジアではこのような水不足の問題が非常に多く見受けられます。水不足の影響として、衛生環境が整わず体調を崩す子どもがいたり、病気になってしまったり、命に関わることもあります。

 

現在でも、このため池は使用されています。

 

Michiiiiは、グラフィス小学校の継続支援という事で毎年現地のニーズにあった支援内容を考え、活動しています。

 

一人でも多くの人に安心できる環境を届けられるように、これからも活動していきたいと思います。

 

 

新着情報一覧へ