こんにちは。みうら学・海洋教育研究所です。

 

海洋教育写真コンテストの支援の募集をはじめ、13日が経過しました。
現時点で28名ものご支援をいただき、ありがとうございます!
この写真コンテストは、三浦の子どもたちが海の学びに対して、興味を持つきっかけの一つになっています。

 

3月はじめに市内の小学校でアマモを題材とした劇が行われました。

 

 

子どもたちは、アマモの重要性について調べたことを楽しく、分かりやすく伝えられるように、自分たちで工夫して作った衣装や道具を使い、発表をしていました。

観覧した多くの保護者が子どもたちの活躍に拍手を送るなど、和やかな雰囲気で進行しました。

 

子どもたちが少しでも海に興味をもった結果、このようなイベントが学校で行われたのではないかと思います。

 

「学校生活の中で当たり前に海洋教育を行う地域、三浦」を目指して、今年度も写真コンテストを行いたいと思っています。

どうか、三浦の未来のために、よろしくお願いいたします!

新着情報一覧へ