今年はこの時期比較的天候に恵まれて、稲刈りは中盤に差し掛かりました。

周囲の田はコンバインですでに刈りとりがほとんど終わっているので、わが家のはざ掛けの田が取り残されています。南房総では、このように竹を利用して刈り取った稲を天日乾燥します。

 

 

 研修生の脱穀作業初挑戦です。脱穀された籾が入る袋の重さは30㎏あります。それを次々と運ばなければならないので大変な作業ですが、農業には体力も必要です。彼女には、ウェイトトレーニングだと思って、腰を痛めないような持ち上げ方をしながら重さに慣れるように言っています。

新着情報一覧へ