昨日、公開から4日目でこのプロジェクトは成立しました。皆様からこれほどたくさんのご支援と共感のメッセージをいただけるとは思ってもいませんでした。本当にありがとうございました。私たちの取り組みは始まったばかりですが、希望を持って、着実に未来へつなげられるようにしていきます。

 今回ご用意できるリターンはまだ十分にあり、このままご支援を募集いたします。ご支援くださる額が大きくなれば、さらに次の研修生を迎える資金にもなります。また、共感してくださる方が多いほど、私たちの提案したプロジェクトの大切さを広く知っていただくことができます。

   私たちの取り組みは、機械に投資して大規模化により農村の未来を守ろうとするのではなく、農業に携わる人を増やすとともに、生き生きとした農村を応援してくださる人を増やし、未来へ希望をつないでいこうとする一つの提案です。このプロジェクトへの共感が広がれば、ここ南房総だけでなく、各地で取り組みが始まり、生き生きとした農村が増えていくかもしれない。そんな大きな希望を抱きながら、このプロジェクトを進めていきます。

   プロジェクト最終日の10月6日までお知り合いの方にご紹介いただき、共感の輪を広げていただければ幸いです。どうか皆様、引き続きご支援をよろしくお願いいたします。

 

                                                                     やぎ農園代表 八木直樹

新着情報一覧へ