プロジェクト終了報告

2017年02月15日

【御礼】

「未来へつなぐメッセージ花火 〜描いていこう僕らの世界を〜 」

 

〜応援いただいた皆さまへ〜

 

平成29年1月28日(土) 17時30分

アルツ磐梯スキー場ナイター営業来場者、述べ1,000名を超える白銀のゲレンデで、500発の花火を「合唱曲 未来へつなぐメッセージ」と共に打ち上げることが出来ました。

 

 

配線のトラブルで打上げ途中に音楽が止まるアクシデントがありましたが、無事復旧し、感動のフィナーレを迎えることが叶いました。
皆さんの温かいご支援、応援に心から感謝申しあげます。

 

さらに、奇跡的なことがありました。
夕暮れから始まり、フィナーレの4分50秒後に日没を迎えるという絶好のタイミングに打ち上げていたことを映像で確認しました。

映像は、音声が途切れた部分のみ修正をしたフルバージョンです。是非ご覧ください。
https://youtu.be/7BEoAj5Yjgw

 

この度、サポーターの皆さまと打ち上げるために、クラウドファンディングに挑戦し、53名様より、1,361,000円ものご支援をいただきました。
合わせて、口座へのお振込も多数の方々からいただいております。

 

 

ゲストの多胡邦夫さん、FCT少年少女合唱団の皆さま、ご来場いただきました皆さま、応援いただいた皆さま。花火師の和火屋さん。會津価値創造フォーラムの皆さま。

 

そして、今回の打ち上げを機会に、ふくしま復興を応援してくださる方や、共に活動してきた方と多く再会し、お手伝いいただきました。

 

この打上げを通してふくしまを応援してくださる人と人がつながること。

このプロジェクトのもう一つ目標としていたことでもあります。

 

 

東日本大震災を経験し、福島県においても全国から多くのご支援を賜りました。

あの時に感じた、「人と人のつながり 思いやりの心 行動力」をはじめ、人の思いを感じる多くの感動がありました。

その恩恵を授かった私たちは、これからまだ復興が続く福島の次代に心を紡いでいきたい。


その思いで実行委員会を立ち上げ、再会し、メンバーは、被災者、支援者含め福島県内各地の青年会議所出身者です。

 

全国から福島の復興を応援くださる方々。
震災から5年が経った今も、人と人のつながりからこの花火の打上げが実現していること。

このことを発信していきたい想いがありました。

 

多くの皆さんの思いとともに、アルツ磐梯スキー場での花火打上げを実現することができました。

 

この度、至らない部分も多々ありましたが次に活かしてまいります。

 

今後は、この経験を糧として、復興を成し遂げた福島の未来に向けて、この輪を広げながら、被災に見舞われた福島県浜通り地方での打上げを目指しております。

 

そして、東日本大震災からの復興を世界に示す、「2020年東京オリンピック・パラリンピック大会」での合唱曲「未来へつなぐメッセージ」の採用を目指す、「未来へつなぐプロジェクト〜音楽のちから〜」を福島から応援してまいります。
http://miraiproject.jp/music/

 

 

引き続き、ご支援ご協力いただけますようお願い申し上げます。

ふくしまを元気にするプロジェクト実行委員会
実行委員長 坂田 敦志
メンバー一同

 

 

 

【収支報告について】
 

Readyforを通して実際に決済できた金額: 1,361,000円
手数料を差し引いたすべての金額を花火打ち上げ費用に使用させていただきました。

花火打ち上げ数は500発です。

サポーター皆様による打ち上げ花火です。

本当にありがとうございました!

【リターンの発送状況について】

支援者様へのリターン発送について、現在発送最終準備中です。

2月25日までにはお手元に届くと思います。

今しばらくお待ちください。