プロジェクト概要

盲導犬の数は減っています!1

 

現在、盲導犬として活躍しているのは約950頭。2

盲導犬の不足は、解消するどころか、深刻化しているのが現状です。

 

 

※1- 社会福祉法人 日本盲人社会福祉施設協議会 自立支援施設部会盲導犬委員会調べ「事業年度末国内盲導犬実働頭数」

※2- 厚生労働省 調査「身体障害者補助犬実働数」

イラスト「盲人ランナーと伴走者」
イラスト「盲人ランナーと伴走者」

 

立命館大学・神戸芸術大学などの学生が所属する任意団体「barrier-free」では、盲導犬のLINEスタンプを発売するなど、盲導犬の普及活動を行ってきました。

 

関西盲導犬協会の公認キャラクターとなった「盲導犬のゲンくん」LINEスタンプシリーズは好評につき第三弾まで発売されています。

盲導犬のゲンくんLINEスタンプ

https://line.me/S/sticker/4732180

 

 

盲導犬のゲンくんLINEスタンプ画像
盲導犬のゲンくん LINEスタンプ

 

 

▼プロジェクトの内容

本プロジェクトでは、盲導犬の認知と理解をより深めるべく、「盲導犬のゲンくん」グッズを制作します。

 

視覚障がい者が行きたい時に、行きたい場所に、安全に行ける社会の実現を目指し、質の高い盲導犬の育成、視覚障害者福祉の向上に貢献することを目的として、一般社団法人を設立し、普及啓発事業を行います。

▼リターンについて

 

●クラッチポーチ

製作する「盲導犬のゲンくん」グッズ『帆布クラッチポーチ』

丈夫なキャンバス地でたっぷり入るクラッチポーチです

こちらをリターンとさせていただきます

小物、コスメ、筆記用具入れにぴったりです

 

※デザインはイメージです

 

帆布ポーチ デザインイメージ図
帆布ポーチデザインイメージ図

●リーフレット

また、関西盲導犬協会監修のもと、リーフレット「盲導犬に街で出会ったら」のデータを作成し、メールでお届けいたします。

 

 

 

プロジェクトの終了要項 

以下2つを実行したことをもってプロジェクトを終了とする。
 ①2019/9/20までに、ポーチを10個作成する
 ②2019/9/30までに、リーフレットをPDFデータとして作成する。

 

 

 

 

関連事項
  ①2019/9/20までに、ポーチを10個作成する。
 ②2019/9/30までに、リーフレットのPDFデータを作成する。

http://www.ncawb.org/download/guide_dog_2016.pdf


このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)