クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

ミャンマーで6400冊の絵本を出版して子どもたちに届けよう!

中原亜紀

中原亜紀

ミャンマーで6400冊の絵本を出版して子どもたちに届けよう!
支援総額
1,302,000

目標 1,200,000円

支援者
98人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
8お気に入り登録8人がお気に入りしています

8お気に入り登録8人がお気に入りしています
2014年07月04日 13:11

120万達成しました。

 

 

皆さまこんにちは。中原亜紀です。


先日の新着情報UPの後、
さらにご支援くださる方の輪が広がり、あれよあれよという間に、
先ほどついに120万円達成となりました。
温かい声援が、波打つようにミャンマーまで届けられているのを感じています。
皆様、心からありがとうございます。

 

感謝の気持ちと共に、最近出会ったミャンマーのある図書館長さんをご紹介します。

 


情熱溢れるタヤワディ県立図書館館長、ドーサンチョーさん。図書館に勤めて24年。
ミャンマーの子どもたちの教育のために力を尽くしてきました。

 

学校教育だけでは足りない。学校に行けない子どもたちもいる。
子どもたちを楽しませながら、考える力、生きる力を育んでもらいたい。
読書する楽しさを知ってもらいたい・・・。

 

四苦八苦し智恵を絞り、様々な試みを行いました。
限られた予算の中で、英語の絵本をヤンゴンまで出向いて一冊ずつ買い集め、
絵本の読み聞かせ。(終わった後は、子どもたちにお菓子をプレゼント。)
ドラッグや麻薬の危険周知やマラリア予防のワークショップ開催。
子どもによる、読書本の発表コンテスト、クイズ大会etc・・・・。

 

「ここには映画もプロジェクターもテレビもない。
 だから、私自身が舞台役者になるしかないのよね。
 パフォーマンスをして、子どもたちを惹きつけるの。
 みんながもっと本が大好きになって、図書館に来られるように。」
 

 

そのにこやかな笑顔と溢れる魅力、表現力。
表情豊かなドーサンチョーさんに絵本を読んでもらったら、
子どもたちは思いきりのめり込むに違いありません。
一緒にいると、外国人の私も非常に楽しい雰囲気になってしまう、
そんなエンターテイナーの女性です。

 

今、ミャンマー語の絵本を出版するプロジェクトを行っている旨をお伝えすると、
「ぜひ読み聞かせしたい!それが私のしたいこと!」と非常に喜んでくださりました。


残念ながら、ドーサンチョーさんは今年一杯で退職されます。


けれどドーサンチョーさんに影響を受けた多くの人がここにはいることでしょう。
私たちがミャンマー語の絵本を形として残すことで、
きっと他の多くの人が、彼女の想いを引き継いでくださると思います。

 

(バス停で、昔読み聞かせをしていた青年と語らうドーサンチョーさん。彼らは大きくなって大学生になりました。背後には無料のブックコーナー。)

 


さあ、日本の皆さんから大きな力を得て励まされつつ、
ミャンマーの熱意溢れる図書館員の皆さんの想いを引き受けつつ、
絵本出版を実施してまいります!
皆さま、引き続き事業の様子をお伝えしてまいりますので、
引き続きどうぞ関心をお寄せいただければ幸いです。

 


ミャンマーより
中原 亜紀

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

①子どもからのお礼状が届きます。

支援者
50人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

①に加え
②「季刊誌シャンティ」ミャンマー特集号をお送りします。

支援者
34人
在庫数
制限なし

20,000円(税込)

①、②に加え
③ミャンマーのミニだるまの起き上がりこぼし(紐付き)をプレゼントします。

支援者
9人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

①、②、③に加え
④ミャンマーの風鈴(紐付き)をプレゼントします。

支援者
4人
在庫数
制限なし

100,000円(税込)

①、②、③、④に加え
⑤出版する絵本にお名前を掲載します。

支援者
3人
在庫数
制限なし

300,000円(税込)

①、②、③、④、⑤に加え
⑥お名前を掲載した絵本をプレゼントします。

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする