プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

本日終了いたします。最後までどうかご支援をお願いいたします。
 

今回私は、線維筋痛症という特定疾患にならない難病(難しい症状)を患っていながらも活動を続けるのは、かつて自分がそうであって、あっという間に年月が過ぎてしまい就労のチャンスを逃してしまうという辛い経験から、人からなかなか理解してもらえない状況に置かれている方たちのお手伝いをしたいと思っています。

 

この傘袋はエコなうえ、今までに販売されていない機能を備えたものです。実用新案をとり、壊れにくい、破れにくい、水が染みにくい装備となっています。


もし、傘袋が全国に広まれば製作にあたる方へ就労のチャンスが生れます。多くの企業の会長・社長様、会社の名前を入れた傘袋を作りませんか?

あるコーヒーショップを経営される企業様の様に、他の方に不愉快な冷たい思いをさせない、床を濡らして怪我をさせない等の思いやりを持った傘袋をご注文いただけましたら、多くの就労困難者に仕事が生れますので、ぜひご支援をお願いいたします。

家から出る事が困難な方も、ご自宅で作業ができて収入を得ることが出来ます。障碍がある・難病で働けない・引きこもりで人との接触が辛い等の状況である方、かつてそうであり、現在就職活動が上手くいかない方達の応援をするために仕事を持って頂き、その報酬でステップアップの学習や、前向きな生活を送って頂きたいと思い、まずは傘袋を広めようと思いました。

※このチャレンジはAll or Nothingという仕組みを取っており、
募集期間内に目標金額に到達しなかった場合には、失敗、全額返金となります。


最後まで達成できることを信じて頑張ってまいります。

白川寿子

 

 これまで助けていただいた、多くのご恩を就労困難な方にお返ししたい!

 

ページをご覧いただきありがとうございます。白川寿子と申します。私は現在東京でボランティアやサークル活動、プロボノ活動をしています。

 

実は、20代の時に事故にあって、腕の筋力が落ちたり、両視神経炎と診断されてから、いつ目が見えなくなるかわからない不安を抱えながらも、「やれるときに私の出来る限りのことに挑戦しよう!」と、以前から得意だった手芸を中心に様々な作品を作って、そこから仕事を作り出すことを目指しています。

 

今回は、雨の時に濡れた傘を入れて持ち運ぶ「傘袋」を製作するにあたり、クラウドファンディングに挑戦いたします。しかし、製作するのは私ではありません。皆様からのご支援で、就労困難な方に製作方法を教え、仕事を依頼し、できた傘袋を広めていこうというプロジェクトです。その「傘袋」の製作資金・そして製作方法を教えるワークショップの開催費用にどうかお力添えをいただけないでしょうか?ご支援よろしくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
「フードバンク八王子WORKS」の施設長と、そこで開催された「プチShe∞モール」の出店スタッフの方々にも傘袋を使っていただきました♩

 

 手作りして持ち歩いていた「傘袋」が評判で、本格的に製作をすることにしました

 

以前、雨の日に傘を入れて使うビニール袋で、滑って転倒し怪我をしたことがあります。それから、自ら傘袋を作って持ち歩いたところ、「それどこで売っているの?」「とてもいいアイデアですね」と声をかけられるようになりました。

 

私だけではない、きっと他にもこのような状況で困っている方がいるのではないかと、そこから持ち歩きやすい傘袋を製作して広めることを考えるようになりました。マイ傘袋のように持ち歩くと、ゴミの削減にもつながり環境にも優しい取り組みになります。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

しかし、私が傘袋を製作するのにはもう一つ大事な理由があります。それは、能力を持ちながらも仕事に就けない人たちを支援・応援したい、というものです。

 

▶︎ワークショップで傘袋を製作し、就労支援を実現したい!

 

私は病気と障がいで就職活動がうまく進まず、「雇ってもらえないなら自分でスキルをつけるしかない」と、ボランティア・サークル・プロボノ活動を行ってきました。

 

もちろん私以外にも、サークル活動を行う中で、パソコンスキルを習得し、就職に繋げたいという方がいました。しかし、サークル会員として、会費を納められないから気が引けるとの事で辞めてしまう方がいます。

 

こういった方は少なくなく、新しい事にチャレンジしたくても資金が追い付かず志半ばであきらめてしまわなければならない状況があるんだ、とわかったときは心苦しいものがありました。

皆様からご支援をいただくことができれば、製作に必要な材料が調達でき、ワークショップで製作方法を伝えることができます。この傘袋を世間の方が良い物だと認めて使って頂き、少しずつでも広めていく事が出来れば、多くの傘袋を製作する事になり就労困難な方たちの仕事に結びつくことができるのです。

 

傘袋を使っていただいている西八王子骨盤整骨院さんと一緒に!

 

 可愛く持ち歩きやすいデザインと、機能性を重視しています

 

今回製作する傘袋には、およそ70㎝までの傘が入り、撥水加工を施しています。

 

傘袋の下部にポケットがあるのですが、広げるだけで雨水を掃出できるので、嫌なにおいがほとんど残りません。また、紐もあえて短くしているので傘袋を使用する時に引っかかりにくくなっています。


傘袋に収納する時は、傘を右回転させながら傘袋に収めます。

底の部分のポケットになったところに雨水がたまるため、しばらく時間を置けば水滴は底に溜まります。溜まった水滴はポケットを開くようにして傾けると外へ流れ出る仕組みです。

 

 

この傘袋を知り合いに使ってもらったところ、「電車・バスなどに乗ったときに傘袋に入れてあるので気にせず腕に傘の柄を掛けられる」や、「座席に座ったときに足の間に挟むことが出来て邪魔になりにくかった」と言ってくれました。


使用しない場合は、コンパクトにたたんで、カバンにそっと忍ばせておけます。生地も薄いためそれほどかさばりませんし、とても軽いので邪魔にもなりません。

 

デザインも種類をいくつか用意し、可愛いもの・大人っぽいもの・ベーシックなものをご用意しております!デザインの印刷は今後、大阪の「株式会社吉村」様にご協力いただく予定です。

 

このように四角く小さく収納することが出来ます。

 

 能力を持ちながらも仕事に就くことが困難な方たちの応援につなげたい

 

私が就労支援をしたいと思うのは、これまでの自分の経験がきっかけです。社会へ出て働くことが当たり前の今の世の中。しかし、そう上手くいかない人もいます。自分が好きな事に全力投球すれば、職に就いていた時とは違う自分を発見できるかもしれません。

 

人には少なからず強みを持っているという事を教わったことがあります。一人一人の個性である、強みと弱みを見極め、アイデアを浮かばせることで、社会になじめない人でも、社会に入っていけるチャンスがあるんだと、製作する人たちに感じてもらいたい、そう考えています。

 

今の私があるのは、力になってくれる人や応援してくれる人、付き添ってくれる人達のおかげです。私も、困っている方の背中をポンと押すことで、自分の持っている能力をより強固なものに変えてもらいたい、眠っている能力を発揮してもらいたい、そう思っています。
 

新しい事に挑戦し、熱意があり、意欲的に資格を取って就職に臨みたいという方が私の周りにはいらっしゃいます。その方々の選んだ方法で就職につきたいという気持ちを応援するために、皆様からいただいたご支援で製作に必要な材料を調達し、仕事を作っていきたいと考えています。どうかご支援のほどよろしくお願いいたします!

 

【資金使途】

■印刷代(生地を含む):37,000円

■デザイン料:100,000円

■製作物付属材料費(ボタン、ゴム、パッケージ):3,000円

■レターセット:2,000円

■ワークショップ会場費:50,000円

■ワークショップで使用する市販生地代:30,000円

■送料:3,500円

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 リターン説明

 

この傘袋は一つ一つ手作りですので、長さや太さ、柄、飾りを変え、世界に一つだけの思いやりのある傘袋をお届けいたします。


どなたにでも利用していただけるように、傘の長さ(柄の部分を除く)が70㎝未満であれば収納できるように作っています。紐タイプで取り扱いやすく持っていただけます。


今後はオーダーメイドの傘袋にも対応できればと考えております。会社の傘袋として社名を入れるものもとても素敵なアイデアだと思います。

 

ぜひこの機会にご支援をいただき、今後の活動に向けて応援をよろしくお願いいたします。
 


最新の新着情報