のこり2週間のラストスパートのための、お願いです。

 

プロジェクト開始後たった数日で、皆さまの温かいご支援により無事に第一目標を達成することができました。心より感謝申し上げます。

 

一歩前進となりましたが、新しい無菌室を2ベッド分設置するためには、総額5,000万円以上が必要となります。あと2週間という残りの期間を通して、新設のために必要な全金額を、ここで募らせていただきたく思います。

 

 

今回、国立成育医療研究センターの職員や患者・ご家族の方々だけでなく、様々な方のサポートが有りました。その中で、普段はビジネスパーソンとして就労されている方々のプロボノによって、こちらのリーフレットを作成戴きました。現在、センターの総合案内や小児がんの外来スペースなどに飾られております。

 

そこで、お願いが有ります。

 

私たちのプロジェクトと目指すビジョンについて、ひとりでも多くの人に知ってもらいたいと思っています。そして、皆さんと共にこれからの子どもの未来を考え、小児がんだけでなく次世代のこどもたちを社会で育む世の中の実現を願っています。

 

こちらのリーフレットを広報素材として配っていただける方や、どこか店舗などに設置いただける方、ご知人・ご友人に知ってもらうために使いたいなど、ご希望の方は、下記の連絡先までお問合せください。追って、担当よりご連絡致します。

 

お電話のお問い合わせの際には、担当の者に「クラウドファンディングの寄附について」とお伝えくださいませ。また、メールでのご連絡には2営業日以内に御返事致します。

 

国立成育医療研究センター(代表)

TEL:03-3416-0181

月~金曜日(祝祭日を除く) 9時〜17時

mail:kifu@ncchd.go.jp

国立成育医療研究センター 寄附事務局

 

誰もが、なりたくてなった訳ではない小児がん。病気そのものを、早く治せるように。療養生活を、より良い時間にできるように。一人ひとりの人生を支えるより良い環境を、皆さんと一緒に作っていけましたら幸いです。

 

のこり短い期間となりましたが、変わらぬご理解・ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

 

無菌室をつくろう

クラウドファンディグでのプロジェクト期間は終了いたしましたが、まだまだご理解・ご支援の輪の広がりを感じております。そして、一人でも多くの方々の願いのとどく企画にできればと思っております。 小児がんと戦うみんなの願いである「無菌室」の新設に、引き続き力をお貸しください。

▼お申し込みはこちら ※今年度中、もしくは資金調達の目途が立ち次第、募集は終了致します

 

今後とも、国立成育医療研究センターを何卒よろしくお願いいたします。

 

○こんな記事も読まれています

新着情報一覧へ