無菌室新設に向けたワーキングチームを設立

クラウドファンディングでいただいた皆様のご厚意をもとに、いよいよ無菌室新設への準備が始まりました。昨年12月より院内に無菌室新設に向けたワーキングチームを設立し、具体的な準備に取り掛かっています。

 

その一環として、埼玉県立小児医療センター・兵庫県立こども病院・大阪大学医学部附属病院・福島県立医科大学附属病院の4施設にワーキングチームのメンバーを派遣し、最近新設した無菌室を見学し、医療スタッフやご家族にそれぞれの施設の無菌室の特徴を聞いてきました。ご協力いただいた皆様に感謝いたします。

 

埼玉県立小児医療センターの無菌室

 

福島県立医科大学附属病院の無菌室

 

医療者にとっても患児・家族にとっても「いい無菌室」を作るために、各施設の「いいとこどり」をして設計を進めています。

 

移植・細胞治療科医長

加藤 元博

 

無菌室をつくろう

クラウドファンディグでのプロジェクト期間は終了いたしましたが、まだまだご理解・ご支援の輪の広がりを感じております。そして、一人でも多くの方々の願いのとどく企画にできればと思っております。 小児がんと戦うみんなの願いである「無菌室」の新設に、引き続き力をお貸しください。

▼お申し込みはこちら ※今年度中、もしくは資金調達の目途が立ち次第、募集は終了致します

 

今後とも、国立成育医療研究センターを何卒よろしくお願いいたします。

 

○こんな記事も読まれています

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています