自己否定感が強い人は、次のような特徴があります。

1.他人と比較し落ち込む
2.「だって」「でも」「どうせ」が口癖
3.自分に厳しい
4.自分は楽しんではいけないと感じてしまう
5.自分が嫌い
6.自分にはムリと感じてしまう
7.自分なんかには能力なんてないと感じている
8.今の自分をなんとかしたいという気持ちがあったとしても、あきらめの気持ちが強い
9.自分がやるべき、やらねばならないという思考が働く
10.過去の出来事について後悔の念がいつも頭をよぎる

今回の2度目のクラウドファンディングを立ち上げた理由。
 
それは、普段は支援を受ける側である大阪の子どもたちが、逆に支援をする側にまわることで、
人の役に立ち、
人から必要とされ、
人に感謝される経験をもって
豊かに自己肯定感を高めていって欲しい。
そう思ったからです。

上記の自己否定感が強い傾向にあると、常にマイナスのエネルギーで生活しているので
どこかで疲れてしまします。
いわゆる、「生きづらい状態」にあります。
 
子どものうちから
 
「自分なんて何もできない」
「自分はダメな子」
 
そう思って生活していると、どんどん自己肯定感が低下していきます。

それでも、できることはたくさんあるんです。
 
子どもたちが小さい頃から、
人との繋がりにおいてきちんと
 
『誰かの役に立つ』
『誰かに必要とされる』
『誰かにほめられる』
 
というきっかけを大人が提供することが重要だと日々感じています。
 
引き続き、よろしくお願いいたします。
 
新着情報一覧へ