来春からバッテダンダ村のコセリガール(土産物店)で売る予定の

ハーブ石鹸を開発しに石鹸工房に来ました。

 

 

 

出荷を待っている石鹸が棚に並んでいました。

 

 

 

こちらはお客さんの注文のサイズに石鹸をカットした時に出る半端石鹸を

クリスマスバザールで売るために可愛いいパッケージにしている様子です。

 

 

 

 

 

既成品のスゥイートバジル石鹸もありますが、オイルの配合率を変えたり、既成品にはない成分を足したりして、バッテダンダでしか買えないオリジナル石鹸を作ってもらいます。

 

 

 

スゥイートバジルエッセンシャルオイル以外に私が持ち込んだ2種類のフラワーエッセンシャルオイルを配合して独自の香りを作ってもらいます。

 

 

 

無臭のセサミオイルをキャリアオイルにして、スポイトでエッセンシャルオイルの分量を量りながら配合していきます。

 

 

 

 

何回か配合率を変えながら理想の香りに近づけていきます。

 

 

 

アシスタントの女性に匂いを嗅いでもらいました。

 

スゥイートバジルと他の2つのエッセンシャルオイルがちょうどいい感じのバランスになったようです。石鹸にして成熟させたあとはまた今の香りとは変わった感じになるということですから、出来上がりが楽しみです。

 

 

 

制作リストに配合率や個数などを細かく書き込んでいる石鹸マスター。

 

 

近日中に制作を始めるそうですが、石鹸として使えるまでの熟成に最低2週間かかるので、その頃に香りのチェックをしに行きます。

 

そして、さらにその後あと1ヶ月位ゆっくりと熟成させて完成します。

 

バッテダンダ村でしか買えない特別なものってのは

魅力的なアイテムだと思いませんか?

 

 

モノづくりが楽しいネパールならではの贅沢な1品にします。

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ