クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

ネパールの女性農業組合と一緒に高倉コンポストと薬草茶で村興し

スンダリ ミカ

スンダリ ミカ

ネパールの女性農業組合と一緒に高倉コンポストと薬草茶で村興し
支援総額
388,000

目標 1,170,000円

支援者
19人
残り
終了しました
募集は終了しました
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2014年12月16日 14:21

バッテダンダ村環境美化推進会議をしました。

2014年12月14日午後2時からバッテダンダ村の環境美化に関する

話し合いがありました。

 

 

2014年12月14日の会議の参加者

 

●女性農業組合組合員のオバちゃん達 5名

●地元ユースクラブ若者 6名

●地元民宿・ホテル経営者 5名

East view, Rosegarden Resort, Himalayan Sunrise ,Bhattedanda Homestay,Tashi Delek Guest Lodge

●日本人観光客 1名

●プラシャンタ

●スンダリミカ

 

会場:East View Hotel

http://hoteleastview.com/

 

会議の準備のためにアカスがKPプレゼンテーション用のカードを用意しています。

 

シンプルでわかりやすいと評判のKP法を取り入れたプレゼンテーションをします。

 

 

KP法とは?

KP法とは、「紙芝居プレゼンテーション」の略です。A4サイズの紙に、伝えたいキーワードをシンプルにバーンと書いて、ホワイトボードなどにペタペタと貼りながらお話しする手法です。 

 

12枚のシートのあらすじを考え、日本語で書き留めたものをアカスにネパール語に訳してもらいました。

 

本日の議題は「ホテル関係者と女性農業組合が一緒に協力して清掃活動をするためのやり方について」でした。

 

 

 

以下、シートに書かれていた文字の日本語訳です。

 

 

シート1

本日の会議の目的

 

シート2

ホテルと組合が一緒に村の清掃活動をすることについての話し合い

 

シート3

これまでの経緯

 

シート4

組合の主催で2014年5月17日に初清掃

以降12月13日までに9回実施

 

シート5

2014年11月24日 ホテル経営者からの提案

8ホテルが500rsずつ出しあって4000rsを集めるので

組合の組合員の中から専用の清掃人を1名雇ってはどうか?

 

 

シート6

組合の回答

4000rsを組合であずかり、月2回のクリーンキャンペーンを

今よりも大規模でやります。

 

 

シート7

ホテル側、組合側の提案に不満を示す

 

 

シート8

清掃活動に関する具体的な案

プランA

4000rsで1名の清掃人を雇い毎日掃除

 

 

シート9

プランB

4000rsをあずかり、月2回のクリーンアップキャンペーン

 

 

シート10

プランC

今までどおりどこからも金銭的な補助を受けず、

月に1回のクリーンアップキャンペーン

 

シート11

プランDがあるとしたらそれはなんですか?

 

 

シート12

バッテダンダ村の環境美化のためにできることを

考えましょう。

 

 

このプレゼンテーションのあと、活発な意見が交わされました。

 

 

 

ユースクラブからの質問

 

どうして組合のオバちゃんたちだけで掃除をするの?

私達は参加できないの?

この村の環境問題環境美化の責任はオバちゃんたちだけにあるの?

月に1回じゃなくて毎週やるためにはどうしたらいいの?

 

 

オバちゃん達の言い分

 

もちろん私達だけの責任ではないですかが、

私達が始めた以上月に1回は必ずやる、ということについては

今後も取り組みたい。でも、アタシ達、週に1回しかない休みの日には

たまった家事も沢山こなさないといけないし、毎週土曜日に清掃活動を

するだけの余裕はないのよ。

 

 

ホテルの意見

 

ゴミを捨てるのは主に子どもたちのポイ捨てが多い。教育機関も巻き込んで

子どもたちと一緒に環境美化について考える機会を持つべき。

お金を払う払わないの問題ではなく、自分たちの村を自分たちの手で

綺麗にするのはここに住むものの責任であり義務でもある。

 

 

会議は1時間で終わりにします、と決めていたので、開始後50分経過した段階で

ひとまずの結論に持っていくために総括。

 

 

まず今日決めるのは、バッテダンダ村の清掃活動を続けるか続けないか。

続けるとして、そればオバちゃんたちだけの責任か、

村に住んでいる人すべての責任として取り組むべきか。

 

 

結論

 

清掃活動は続けるべき。

オバちゃん達だけではなくホテルも、ユースも皆で取り組むべき。

お金がなければできないなんてことはない。将来的には必要でも

今は有志が集まって清掃活動を続けることにする。

 

 

次回の課題

 

村の環境美化のことを高倉式コンポストのことを含めて教育的指導が出来るように学校のリストアップをする。

 

次回の話し合い

ネパール歴の月末最終金曜日に集まる。

 

 

議事録の提出

ユースクラブの書記をやっていた子が英文にした議事録をメールで

関係者および欠席したホテルの代表者に送信して情報を共有する。

 

===========================

 

あとから聞いた話ですが、スンダリミカやプラシャンタが清掃活動や

高倉式コンポストの普及に力を入れているのは、資金援助をたくさんして

くれている日本のスポンサーがいるからで、女性農業組合はそのお金を使って

毎回派手なキャンペーンをしているのだ、だから、その資金援助がなくなれば

清掃活動もなくなるに違いない、という誤解が村の一部にあるようです。

 

このような誤解をなくすためにも高倉プロジェクトを正式に

村に招致し、目標やプロジェクトのやり方などを共有する

必要があります。

 

 

 

高倉プロジェクトのおさらい

・高倉式コンポスト生成ピット建設事業:2月末までにコミュニティービルディング内に女性農業組合の事務所とコンポスト管理ピットの合計2部屋を完成させ、3月から稼働。ピットの建設費用、以後3年間の試験管理期間のあいだの運営費(人件費など)をサポート。

 

→プロジェクトのシンボルとも言える高倉式コンポストピットを作ることで村人の気持ちがひとつにまとまります。

 



・高倉式コンポスト生産 家庭編:対象組合員に高倉式コンポストバケツを配布し、家庭から出る生ごみをコンポスト化してもらう。試験期間1年間は組合員のやる気を上げるために月に一度3円/kgで組合員が生産したコンポストを組合が買い取る。モチベーションを高めるために月生産が多い上位3名に特別賞金を与える。

 

→家庭でも高倉式コンポストを管理することで高倉式コンポストの管理方法を他の人に教えられる組合員を育成します。

 



・高倉式コンポスト生産 管理ピット編:周辺旅客宿泊施設から試験期間1年間は生ごみを2ルピー/kg(分別がしっかりなされているという条件)で買取り、コンポストピットにおいて処理する。技術習得のためにピットの管理は対象組合員が当番制で行う。当番で作業を担当した組合員には日当を支払う。

 

→ホテルと協力して生ごみをコンポスト化します。組合員の雇用を生み出し、地域住民と観光業者との連携を作ります。

 



・トゥルシー栽培事業:種子を購入し対象組合員に配布し、バッテダンダ村で作成した高倉式コンポストを使用し他耕地で無農薬による栽培を行う。2014年2月から耕地の準備、3月からトゥルシーの苗作りをはじめ4月から耕地への植え替え、9月まで栽培。トゥルシー栽培に関する指導には専門家を招いて技術面をサポートする。

 

→バッテダンダ村の名物を作ります。一人ひとりが参加でき、村を訪れた人がお土産として買って帰れる作物を作り、農家の生計向上に貢献します。

 



・トゥルシー茶・トゥルシー配合商品販売事業:収穫後の10月以降に商品化し11月から販売予定。国内外及びカトマンズの卸売業者を開拓・紹介する。トゥルシーを使った商品の開発に関するサポートを行う。バッテダンダ村を訪れる観光客に対してご当地土産としてプロモーションする。翌2016年以降も作付前に買い付け予約を支援団体から募るなどの販売先のサポートは続行する。

 

→バッテダンダ村名物の地産地消品をつくり、共同運営のおみやげ店を運営して村の生計向上を図ります。観光客には無農薬の薬草茶をおみやげに買って買えることで何度も訪れたくなる村をアピールします。

 



・高倉トゥルシープロジェクト モデルビレッジ視察バスツアー:プロジェクト開始後1年間、定期的にカトマンズからチャーターバスを運行させ、スタディーツアーを開催する。招聘数500-700人程度を予定。カトマンズの学童・学生たちに高倉式コンポストの技術、組合による管理センター運営の現状、コンポストを利用した農業活動のことについて体験及び学習をしてもらい、環境問題やコミュニティー開発を考える切っ掛けにしてもらう。ネパール初の高倉式コンポスト農業利用モデルビレッジとして紹介し、環境教育の実践現場として活用してもらう。

 

 

→子どもたちをバッテダンダ村に招き、環境に対する取り組みや村の名所、と仕組みなどを観察、体験してもらいます。高倉式コンポストを取り巻くユニークな取組をしている村をそれぞれの学校で研究発表をしてもらい、情報の拡散を図ります。

 

 



・高倉式コンポスト農業利用 モデルビレッジとして バッテダンダ村をプロモーション:ネパール観光業界で近年力を入れている「アグロツーリズム」のディスティネーションとしてのバッテダンダ村をプロモーションする。村の宿泊施設を組織して観光マップなどを制作する。生ごみの出ない村、リサイクルを徹底する村、ESDを実践している村、などのイメージでプロモーション活動をする。広報活動としてHPなども新規に作成する。

 

 

→高倉式コンポストに取り組む村をブランド化し、アグロツーリズム、エコツーリズムの目的地として広くネパールに知らしめます。高倉式コンポストを使った有機栽培の野菜を買って帰ることもでき、滞在中は安心して食べられる食材を提供できる宿泊先に止まって、バッテダンダ村の観光や文化体験をしてもらいます。

 

 

 

 

会議が終わり、カトマンズに帰るときに、アカスから採れたて大根をおみやげにもらいました。

 

農家のお友達ができると、こういうお持ち帰りができて嬉しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

1:スンダリミカ・プラシャンタ・フルマヤさん直筆メッセージ付きサンクスレターとプロジェクト広報HPにお名前を掲載

支援者
6人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

1:サンクスレターとプロジェクト広報HPにお名前を掲載
2:プロジェクト記念水牛の骨オーナメント
3:トゥルシー ティーバック20袋入り 1セット
4:トゥルシー 石鹸サンプルサイズ 1個

支援者
12人
在庫数
制限なし

30,000円(税込)

1:サンクスレターとプロジェクト広報HPにお名前を掲載
2:プロジェクト記念水牛の骨オーナメント 
 詰め合わせ
3:トゥルシー ティーバック20袋入り 1セット
4:トゥルシー 石鹸サンプルサイズ 1個
5:スンダリミカのミニアルバム「レッサムフィリリ」
6:コンポストピットの壁にお名前を入れる権利

※2のプロジェクト記念水牛の骨オーナメント詰め合わせをネパール雑貨ポーチもしくはトゥルシー薬用石鹸60gに替えることもできます。

支援者
4人
在庫数
制限なし

50,000円(税込)

1:サンクスレターとプロジェクト広報HPにお名前を掲載
2:プロジェクト記念水牛の骨オーナメント
  詰め合わせ
3:トゥルシティーバック20袋入り 5セット
4:トゥルシー 石鹸サンプルサイズ 5個
5:スンダリミカのミニアルバム「レッサムフィリリ」
6:コンポストピットの壁にお名前を入れる権利


※2のプロジェクト記念水牛の骨オーナメント詰め合わせをネパール雑貨ポーチもしくはトゥルシー薬用石鹸60gに替えることもできます。

支援者
0人
在庫数
制限なし

100,000円(税込)

1:サンクスレターとプロジェクト広報HPにお名前を掲載
2:プロジェクト記念水牛の骨オーナメント
 詰め合わせ
3:トゥルシティーバック20袋入り 5セット
4:トゥルシー 石鹸サンプルサイズ 5個
5:スンダリミカのミニアルバム「レッサムフィリリ」
6:コンポストピットの壁にお名前を入れる権利
7:バッテダンダ村ペアで1泊2日ご招待


※2のプロジェクト記念水牛の骨オーナメント詰め合わせをネパール雑貨ポーチもしくはトゥルシー薬用石鹸60gに替えることもできます。

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする