<自己紹介>

2009年から南山大学で日本語を教えています。この仕事を始めて、今まで知らなかったり、会ったことがなかった国の学生と知り合い、いろいろなことを教えてもらいました。趣味は食べること。特にスウィーツが好きで、よくケーキ屋さん巡りをします。お笑いも好きでよく見ます。

 

<日本語教師を始めようと思ったきっかけ>

大学卒業後、アメリカのオハイオ州にある大学で1年間日本語の先生のアシスタントをしていました。初めてアメリカで日本語を勉強している学生達と出会い、もっとこの仕事を続けたいと思うようになりました。

 

<日本語教師をしていて思い出に残っている出来事・学生>

「プロですか?!」と思うほど、ダンスや楽器が上手な学生。専攻がダンスや音楽じゃなくてもプロ級で、学期末のパーティーでパフォーマンスをしてくれたことが印象に残っています。勉強以外にも、いろいろな才能を持った学生が多いですね!

 

<支援してくださる方へ向けて>

学生が楽しく日本語が学べ、先生も楽しんで教えられる教科書を目指し、この教科書とアプリを作っています。私も時々外国語学習アプリを使いますが、やはりアプリは便利だと感じます。が、しかし、アプリ開発にこんなにお金がかかるとは思ってもみませんでした…。どうか皆様のお力で、学生のためのアプリをリリースさせてください!!

 

新着情報一覧へ