<自己紹介>

65になってからタップダンスを習い始めたお爺さんです。

まだまだ現役で日本語教育の世界で楽しんでいます。

 

<日本語教師を始めようと思ったきっかけ>

45年ほど前にアメリカの高校の夜間の成人教室で日本語の

授業を見学したのが日本語教育に関心を持ったきっかけです。

 

<日本語教師をしていて思い出に残っている出来事・学生>

一度聞いただけで新しい言葉を覚えてしまう学生や授業の後、練習のために次から次と先生方の研究室を尋ねて、日本語の練習をする学生が特に思い出に残っています。

 

<支援してくださる方へ向けて>

アプリを使って、楽しく学べる、日本語学習者のための新しい中級の教科書です。日本、日本人、日本語、日本文化に関心を持つ人が増えるように応援をお願いします。

 

新着情報一覧へ