こんにちは、岡田です。

 

今回、無事にクラウド・ファンディングを成功することができました。

 

この場を借りて、お礼を伝えさせてください。

本当に本当にありがとうございました。

 

今日は、SCAOによって人生を変えた人たち#2として最後に私自身のことを語らせていただきます。

 

私は、大学1年生から2年間アイセックという学生団体にてメンバーとプロジェクトリーダーとして活動していました。

 

大学1年生。自分の過去にとらわれ、うまく生きることができなかった自分。

 

本気で変わりたかった。

本気で「生きててよかった」と思ってみたかった。

 

という想いを抱え、アイセック明治大学に入りました。

 

決断したその日から本当にいろんなことがありました。

 

本気で愛したいと思う人、

尽くしたいと初めて思えた親友、

初めて心を開いた仲間、

自分を心から愛してくれた仲間たち

 

その人たちがいたおかげで私は自分の弱みと向き合い、泣きながらもがむしゃらに2年間突っ走ることができた。

 

そして、その最後の集大成がこのカンボジアでの挑戦でした。

みんなからもらったたくさんの愛をカンボジアの子供たちに届けたい。

 

その想いを胸に2ヶ月間、カンボジアの学校SCAOで現地の課題を解決すべく走り抜けました。

 

しかし、立ちはだかるのは大きな壁ばかり。

でも、最後の最後、私はなにもできなかったと本気で思ったんです。

 

彼らの人生を変えることはできなかったんじゃないか、

SCAOの抱える一番の問題を解決することはできなかったんじゃないか、

 

と。でも、最後まで何かがしたい、

何かSCAOのために自分ができることをしたい。

 

そこでクラウド・ファンディングをはじめました。

失敗するかもしれないという不安の中で、応援してくれる仲間を糧に頑張ることができました。

 

今まで、愛をくれた仲間たち、その愛をカンボジアへ。

そして、最後に私のことを知らない見知らぬ方にも寄付をしていただきました。

 

私はSCAOにいって多くのことを学びました。

子供たちが大好きなこと、

今の自分では世界を変えられるような器をもっていないこと、

このままでは自分は全然ダメなこと。

 

私もSCAOによって人生を変えた一人です。

 

こうやってSCAOに関わった一人一人が自分たちの人生を少しずつでも変えていくことを心から願っています。

 

応援してくださった皆さま、本当に本当にありがとうございました。

 

2016年7月18日 岡田真美

 

 

 

 

新着情報一覧へ