12月3日(土曜日)に神戸教育会館で我々のプロジェクトである

脳卒中を経験された方の声を多くの医療従事者に届けたい!

第3回 脳卒中当事者と医療従事者の意見交換会

『未来への一歩』を開催することが出来ました。

 

これも、皆様のご支援のおかげとスタッフ一同心よりお礼申し上げます。

 

今回は51名の参加していただけました。(詳細は看護師9名、学生10名、理学療法士6名、作業療法士3名、当事者4名、当事者家族4名、介護福祉士2名、鍼灸師2名、看護教員1名、当事者登壇者4名、スタッフ6名)

 

今回、より多くの学生に参加していただく為に、近畿圏の理学療法・作業療法・言語聴覚療法の養成校、看護学校、医学部(計:147校)に直接電話で呼びかけを行った後に、各校への告知ポスターを配布いたしました。土曜日の開催となったために、授業があるとのことで、良いお返事をもらえなかったこともありました。

今回、学生参加が10名であった事は非常に残念な結果となってしまいましたが、東は広島から学生が参加してくれて、参加した学生のコメントとして「学校での授業でも取り入れて欲しい」「患者さん側のお話を聞く機会が少ないので、とても勉強になりました」「臨床に出る前に患者さんの想いを知れてよかった」など、うれしい言葉をいただきました。

 

5名を予定していた登壇者ですが、当日の発表は登壇者の都合により4名となった事、予想していたよりも参加者が少なかった事で保険料が少なかった事により、予定よりも少し金額が余ってしまいました。

そこで、2月25日に東京でも同じような形式で『第4回未来への一歩』が

開催されます。そちらに支援いただき余った分の金額を使用させていただきたいと思っております。

 

今後とも宜しくお願い致します。

 

 

新着情報一覧へ