グリッチニットの試作です。
手前はグリッチしていないアーガイル模様。ソレ以降はグリッチしているので、ひし形が崩れているのがわかりますね。
 
このニットの制作手順は...
1)アーガイルパターンをillustratorで作成し、グリッチパータンに変換します。
 
ヌケメさんがパターンの試作をおこないました。
 
2)オリジナルソフトで編み模様パターンに変換します。
 
 
3)キャリジをガシャガシャ左右に動かして、編みます。このときは8パターン(ひし形2段で1パターン)でした。
裏目の処理もしながら編んでいたので、トータルの作業時間は6〜7時間ほどかかったように記憶しています。
 
ドットが四角形なのに対して編み目は「ハート」のような形をしているので、ファニーですよね。

 

新着情報一覧へ