「最高の授業」をバングラデシュのナースの卵に届ける。
8月9日、その肝となる「最高の授業」の撮影を開始しました!

 

「さあ、誰にでもわかる人工呼吸器の使い方を撮ろう!」

 

参加したのは3人のプロフェッショナルたち。


JICA青年海外協力隊医療機器隊員としてご活躍経験のある宮川牧子さん(臨床工学技士)、
そしてFuture Codeで活躍中、看護師の中村由梨子さん、小笠原妹さん。

 

この台本を作る宮川さん曰く、「看護学生は医療機器に触れる授業がほとんどない」そう。


「新人ナースが簡単で、分かりやすく、短い時間で学べる映像をみて、患者さんの看護を安全に行えるきっかけにつながれば・・・」という思いをこめています。映像授業の作成はバングラデシュと日本両国で進めていきますが、今回は現地のニーズと機器をとりまく環境を考え、日本での撮影に挑みます。

 

それでは、医療分野に疎い、わたし久保(e-Educationプロジェクトメンバー、撮影者)でも分かるように、人工呼吸器の使い方を教えてください!

 

「バングラには点検用のテスト肺ってあるかな…」
現地の状況を考えながら

 

 

 

まずは、人工呼吸器の使い方から。
スイッチの入れ方から接続、アラーム解除まで、丁寧に撮影していきます。
人工呼吸器自体はあっても、日本では当たり前にある機器や道具がバングラデシュにあるとは限りません。現地の情報をもとに、撮影を進めていきます。

 

 

 

「機器を発明した人の熱意を、患者に直接届けられるのは看護師さんなのです。
私は、その伝書バトになれれば。」

 

宮川さんが青年海外協力隊としてバングラデシュに派遣されたのは2010年。バングラデシュの病院で2年間、医療機器を取り巻くスタッフの育成に関わり続けました。


現地に機材はあっても、使い方を教えてもらうチャンスの無い看護師たちが、縦社会の厳しいイスラム教国の環境下で医師に理不尽に怒られる現状をみて、看護師であることに自信をもてるチャンスを早く作らなくては、と熱い思いを抱いたそうです。

 

なぜ、人工呼吸器の使い方を映像授業にしたのでしょうか。

 

その理由は、現場で抱いた、宮川さんの問題意識にあります。
「取扱説明書は全部英語で、彼らはネイティブではないから全く理解できない」
「この器械は、生命を維持する重要な医療機器。気道にチューブがあって、話せない患者の辛さを代弁している。最低限おさえておきたい内容を、新人看護師が把握すれば、安全性は保たれる

 

 

(左からFuture Code小笠原さん、中村さん、e-Education久保、元青年海外協力隊 宮川さん)

 

撮影しながら、わたしは初めて知りました。
医療に携わる方々はこうやって、一つ一つ命を救う方法を考えているんだって。
アタマが下がります…。

この映像授業を、バングラデシュのナースたちがどんな顔してみるのだろう。
今から楽しみです。

さて、このプロジェクト、皆様からのご支援あって、授業の撮影を始めることができました。
Future Codee-Education、それぞれの強みをいかし、「最高の授業」づくりを続けていきます!

 

2013年8月12日 e-Educationプロジェクト 久保唯香

新着情報一覧へ