プロジェクト概要

 

感じるココロと閃くアタマを育む

オブンガク堂の活動を広げたい!

 

そのためにはまず、現時点でどうしても不足している、全体経費の約30%にあたる、物と場所にかかる費用、195万円を集めきらなければなりません!

 

でも、ここで再び集めたいのは、単なる活動資金ではありません!

 

お久しぶりです!初めましての方もいるかもしれませんが、あえてお久しぶりです!オブンガク堂café店主の左藤慶です。1年ぶりにこの場に戻って参りました。えー、またやるの?などと半ば呆れた声も聞こえてきそうですが、昨年よりも随分、アレコレ迷って、悩んで、やっぱりやる!と出した結論なので、呆れながらでも聞いてください、いえ、むしろ、昨年よりも、前のめりで聞いて(読んで)ください!

 

最初に断っておきたいのですが、僕たちは、
子供向けオヤツ付き朗読コンサートがやりたいんじゃありません!

 

昨年は、オブンガク堂の表面的な手法を説明することに躍起になっていて、その目的や何を目指しているか、というような本質的な意味合いをうまく伝えきることができませんでした。昨年ご支援くださり、ご参加くださった方々から、「想像してたのと全然違った。でも支援しといてよかった!」という声をいただき、嬉しい反面、とても申し訳ない気持ちになりました。

 

オブンガク堂の活動を広げたい!の真意。言い換えるとするなら?
 

例えば、キャンプがしたい、といっても、別にテントを建てたいわけでも、BBQをやりたいわけでも、焚き火の周りでフォークダンスを踊りたいわけでも、野外で寝たいわけでもない。じゃあ、何がしたいの?と聞かれたら、こう答える。家族や友人たちとキャンプを楽しみたいんだ。だからとっておきのキャンプを用意して、その楽しさを味わってもらうんだ、と。

 

すると、キャンプなんて、蚊に刺されるし、シャワーはないし、テレビも見られないし、お金はかかるし、家でのんびりゲームしてる方が楽じゃない?わざわざキャンプすることに何の意味があるの?と聞かれる。聞かれた方は、そんな質問をされたことに意外そうな顔をしながら、ちょっと考えてからこう答える。

 

確かにキャンプは、面倒臭いし、ある意味大変かもしれない。でも、だからいいんだ。そんな大変な思いをするから感動するんだ。私は、家族や友人たちと一緒に感動を味わいたいんだ。普段味わえないような体験をしたりして、かけがえのない時間を過ごしたいんだ。そういうことにキャンプはうってつけじゃない?

 

僕にとって、オブンガク堂をしたいというのは、この話にすごく似ています。キャンプをしたい、の言葉の裏には、色んな想いがあります。勿論、テント建てたい人がいてもいいし、キャンプファイヤーしたい人がいてもいいし、野外でカレーを食べ、星空の下で寝たい人がいてもいい。でも本質的に、キャンプしたいというのは、感動を味わうための空間を創り、そこで時間を過ごしたいということではないでしょうか。

 

つまり、僕たちがオブンガク堂を広げたいと思うのは、感動を味わえる時間と空間をもっとたくさん創り出し、そこにもっとたくさんの人たちを集めて、その人たちをもっとたくさん驚かしたり、笑かしたり、泣かしたり、楽しませたりして、もっとたくさん一緒に感動を味わいたいということに他なりません。

 

でも何故、わざわざそんな空間を創り、そんな時間を過ごすのか?
そもそも何故、文學と音樂とオヤツを使って劇的空間を創るのか?

 

僕たちが目指しているのは、キャンプって楽しいよね!という人を増やしたい、ということともちょっと違います。人が集まる場所を創り、そこで今まで気がつかなかったことを発見して欲しいと思うのは、自分とは違うものを受け入れられるようになるため、相手の痛みがわかるようになるため、大袈裟に言えば、多様な人たちと協働できるような精神的に豊かな人たちを育める社会を実現するためなんだと思います。

 

だから文學を、音樂を、オヤツを使います。ブンガクには、人の生き死にや出会いと別れが描かれ、迷いや苦悩、対立や葛藤があり、暴力や差別や偏見に立ち向かう知恵と言葉があるからです。オンガクには、情景や心情の移ろいが描かれ、不安や恐怖を和らげる優しさと、絶望に打ち勝つ勇ましさがあるからです。オヤツには、人を笑顔にする味と香りがあり、語らいを弾ませ、人と人とを和ませ繋ぐ力があるからです。

 

子供にはこんな風に育って欲しい、だからこんな風に育てて欲しい
必要なのは、感じとる力、考えぬく力、伝えきる力、やり遂げる力

 

僕にはまだ子供はいません。でも、一人の大人として子育てには関わりたいと思っています。子供が成長する時、親でも家族でも先生でもない大人の存在は、とても重要な役割を担っていると思います。どんな大人を目撃したかによって、その子の物事の捉え方や行動基準が決まってくると言っても過言ではありません。それは決して、立派なお手本たれということではなく、多様性を伝えうる役目があるという意味です。

 

親は子供に、チャンスを与えようと必死です。だからたくさんの情報や物を与えます。でも、与えられ慣れた子供たちは、その意味を考えることはしません。考えなくても、求めなくても、向こうから来るからです。家庭でも、学校でも、塾でも、やり方や正解を教わり、それを覚えることばかりに意識が向けられています。ところが、社会に出ると、やり方のわからない事や正解のない事にたくさん出会います。

 

やり方や正解を覚える力や情報を検索する力には長けていても、本質的な問題を感じとる力や、どうすればよいかを考えぬく力や、自分の想いを伝えきる力や、困難を乗り越えやり遂げる力に乏しくては、とても困ったことになります。どうしてよいかわからず、無関心や無感動になったり、心を病んでしまったり、他人や自分を傷つけてしまうことになるかもしれません。

 

だから今、本当に子供達にとって必要なのは、五感を総動員する体験であり、考えもしなかったことを考える時間であり、自分の想いを伝える空間であり、自分とは違う考えを持った人たちと語らう場なのだと思います。また、これからの時代を生き抜くために不可欠と言われる多様なコミュニケーション能力は、色んな本を読み、自分の言葉を綴り、普段接しない人と関わる、そういう機会を多く持つことで育まれます。

 

オブンガク堂には、その全てが詰まっています。僕たちが本質的にやろうとしていることは、大人と子供が一緒になって、五感を総動員して感じ、頭をフル回転させ考え、言葉を尽くし語らう、そんな劇的空間と時間を過ごすことで、ちゃっかり、感じとる力と考えぬく力と伝えきる力とやり遂げる力を育もう!という、かなり欲張りな試みなのです。

 

一番カッコ悪いのは、お金がないことを理由に諦めてしまうこと!
多くの方のまごころが集まり、形となって動き出すことを夢見て!

 

甚だ拙く、暑苦しい身勝手な文章で大変恐縮ではありますが、最後まで、前のめりでお聞き(お読み)くださり、ありがとうございます!何かほんの少しでも共感いただけることがございましたら、是非、ご支援(引換券購入)ボタンをポチっと押して、この活動にサポーターとして参加してください!僕たちと一緒に、オブンガクな場を創りましょう!

 

2016年6月吉日

オブンガク堂café 店主 左藤 慶

 

◎オブンガク堂とは?オヤツとブンガクとオンガクでオブンガク♬

 

大人と子供の感じるココロ(感じとる力)と閃くアタマ(考えぬく力)を育むため、近代文學(童話・小説)の語り劇と、クラシック音樂(童謡・歌曲)の生演奏と、物語にちなんだ手作りのオヤツを使った体験型アートイベントやワークショップを季節毎、各地で開催しています。大人と子供が一緒になって過ごす場として「聴く・想像する・考える・語らう」というプロセスを通じ、知的探究心や創造性を刺激します♬

 

活動詳細については、下記の公式サイトやFacebookの記事などをご参照ください。

http://obungaku.com

https://facebook.com/obungaku.cafe

 

◎目標金額と使い道

 

目標金額:195万円(レディフォーのシステム手数料を加えると、225万円)

使い道:総制作費の約30%にあたる機材資材費や施設使用費等、所謂、物と場所にかかる費用。

 

<内訳>

施設使用費(本番会場、スタジオなど、付帯設備利用光熱費など):50万円

オヤツ製作費(原材料、製作包装など):50万円

資材費(会場装飾美術、衣装、小道具など):30万円

機材費(照明、録音、撮影機材など):30万円

印刷物制作費(広報物、台本、楽譜、その他資料など):25万円

その他備品消耗品代(事務用品、その他消耗品など):10万円

レディフォーのシステム利用料:30万円 

 

◎引換券の種類とリターンのお品物詳細

 

【5000円】フォロワーコース

  魂の感謝状

【10000円】サポーターコース

  魂の感謝状+お名前掲載+特製オヤツ+オヤツの秘伝レシピ+特製てぬぐい

【30000円(A)】ファンコースA(会場に来られる方向け)

  10000円の品+ペア特別招待券+特製変装グッズ(お面とお扇子)

【30000円(B)】ファンコースB

  10000円の品+別冊オブンガク+上演作品集

【50000円】マニアコース(全部のせ)

  30000円(A)の品+別冊オブンガク+上演作品集

【100000円】パトロンコース(限定5名)

  30000円(B)の品+ペア年間フリーパス


【追加引換券情報】
 サポーターコース(B)(会場に来られる方向け)(限定40名)
 10,000円のリターン
・魂の感謝状
・お名前掲載
・お一人様特別招待券(2016年中有効)
お一人様の特別席。2016年10月7〜8日(秋のオブンガク)、または、11月3〜5日(オトナだけのオブンガク)の期間中一回限り有効。お好きな回に♬
 

 

魂の感謝状

感謝の気持ちを一筆入魂、店主渾身の手書きの感謝状♬

 

お名前掲載

オブンガク堂café公式Webサイトに、2016年度サポーターとしてお名前を掲載♬

 

特製オヤツ(非売品)

春と夏のオヤツ「おじいさんのランプクッキー」と「ぬすびとせんべい」詰合せ♬

 

オヤツの秘伝レシピ(非公開)

特製オヤツの秘伝レシピ。これでいつでもどこでもオブンガク♬

 

特製てぬぐい

使い道いろいろ。オリジナルデザインの手触り柔らかな高級手ぬぐい♬

 

ペア特別招待券

お二人様の特別席。来年8月までの期間中一回限り有効。お好きな季節に♬

 

特製変装グッズ(お面とお扇子)

お話に登場するキャラクターのお面と名台詞をしたためたお扇子♬

 

別冊オブンガク

オブンガクの秘密と遊び心が詰まった別冊マガジン。未公開写真や楽しい付録も♬

 

上演作品集

2016年度上演作品(春・夏・秋・冬)を一冊に。事前に読むも後で読み返すも◎♬

 

ペア年間フリーパス

お二人様の特別席。来年8月までの期間中有効。お好きな季節に何度でも♬

2016〜2017年は、季節毎に5作品全13ステージを予定。その全てがフリーパス♬

 

 

 


最新の新着情報