引換券の(2)男木島図書館オリジナルグッズのデザインができました!


■しおり3枚



■ブックカバー(イメージとデザイン)


オリジナルグッズはしおりかブックカバーかどちらかを選んで頂けます。

デザインは男木島図書館のロゴも作成してくれた橋本一将さん。橋本さんは瀬戸内国際芸術祭2013に男木島で作品を展示したTEAM男気の参加アーティストで、2014年から男木島に移住してアーティスト活動と漁師を始めています。

ロゴもそうですが、しおりのデザインも男木島と本のイメージをとても素敵に表現してくださいました。

 


引換券の(3)男木島特産物のパッケージも、橋本さんのデザインです。
*男木島の特産品「風に流されてえび」(干し海老)か「男木島の塩若芽」(塩ワカメ)から、1点をお選びください。
・「風に流されてえび」は漁師さんが穫った海老をそのまま海の上で茹で、それを天日で干して作られる手作りの男木の味です。
・「男木島の塩若芽」は早春に刈ったわかめを男木のおばちゃんたちが1本1本手作業で茎と葉をわけ、その葉を塩漬けにしたものです。

 

引換券の内容の補足ですが

5)一日館長権
*男木島図書館の一日館長ができます。もちろん、図書係がつきますので安心して館長をなさってください。(日程については個別でご相談の上、調整いたします。)

こちらは、企画などをして頂く事も歓迎です!企画をする場合は、内容につきましては相談にものらせて頂きますので、お気軽に「こんな事をしたい」とお話ください。

 

6)夜の図書館開放権
*夜の男木島図書館を開放できる権利です。ゆっくり本を読むも良し。お酒と本の夜を楽しむも良し。非日常をお楽しみください。(日程については個別でご相談の上、調整いたします。)
こちらは、もちろんゆっくり過ごして頂いても良いのですが、会社の開発合宿などでもご利用頂けます。男木島での宿についてもご相談にのりますので、お気軽にお問い合わせください!
 

 

ここまでで、104名の方から100万を越すご支援を頂く事ができました。感謝の気持ちでいっぱいです。

また、サンクスレターをはじめとする引換券。皆さまに男木島図書館の気持ちの一片を届けられたら良いな、届けたいなと深く思っています。

ここまでのご支援を無駄にしないためにも、どうか引き続きの応援を頂けたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします!

新着情報一覧へ