READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

まちの未来のために。越喜来に関わる人々の力で花火大会を存続へ

まちの未来のために。越喜来に関わる人々の力で花火大会を存続へ

支援総額

2,279,000

目標金額 2,000,000円

支援者
421人
募集終了日
2019年8月5日
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

終了報告を読む


7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2019年08月03日 11:00

残り2日。花火にかける想いを書きました。

どんな辛いことがあっても、悲しいことがあっても、日本人は花火をあげてきました。


東京を代表する隅田川の花火も、かつての大飢饉や疫病での死者を供養する意味合いから始まりました。

つまり、辛いことがあるからこそ、悲しいことがあるからこそ、花火に想いを託し、
人々が上を向く時間を作ったのです。

なんで花火をあげてきたのか、今ならわかる。
花火をあげることもそう、人々が上をむくこともそう、そして、その笑顔や涙を想像しながら前向きに進んできた人たちがいるから、花火はあがってきました。

夏になれば当たり前のように打ちあがる花火。


表現が難しいけど・・当たり前ではだめだけど、当たり前でなければいけない。

 

簡単ではないのだけれど、それでも毎年の夏の風物詩として、あがり続けなければいけない。

幼いころから、花火大会の景色があって、においがあって、身体にまとわりつく湿気があって、少し開放感ある夏の夜の記憶がある。

なぜだか火が怖くて直視できず、親の背中にしがみついて見た子どもの頃の花火とか、

花火よりも出店で売っていた光る剣をずっと見ていた少年の頃の花火とか、
なんとなく調子にのって始めて好きな人と見た思春期の花火とか、
花火が始まるころには酔っ払って何も覚えていないちょっと大人になってからの花火とか、

震災があってそれでも、やめてはいけない気がして、色々な人に迷惑かけながらなんとかあげた花火とか、
続けることに価値を感じて、自分も人の親になって、子どもたちに見せたい景色ができてからの花火とか、

それでも、花火は全て同じ花火です。ただ一瞬、すべての人が上を向く時間を作っているだけ。


だからこそ、その一瞬を生み出すことに関わるのは、素敵なことだと思っています。

今回のクラウドファンディングは1口500円から、たくさんの人の思い出をつなぐ「一瞬」をつくることに参加できます。

最後のお願いです。


あなたの大切な1000円を、この最高の「一瞬」を生み出すプロジェクトに託してください。


どうか一緒に、その一瞬をつくっていきたい。


最後まで、よろしくお願いします。

 

一覧に戻る

リターン

500

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【500円で花火1発分!】一緒に越喜来の花火をあげよう!

・当日の様子をお礼のメールとしてお送りします。

ーーー
500円のご支援で花火一発を打ち上げる目安となります。

支援者
285人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年8月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

越喜来の幸を味わいながら花火をあげよう!1万円コース

・お礼のメール
・越喜来の海産物2種(貝類、魚類)の詰め合わせ

旬なものをお届けするため、お楽しみにしてください!
3人ほどお楽しみいただける量を予定しております。

支援者
114人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年9月

15,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

越喜来の幸をより味わいながら花火を上げよう!1.5万円コース

・お礼のメール
・越喜来の海産物3種(貝類、魚類)の詰め合わせ

旬なものをお届けするため、お楽しみにしてください!
5人ほどお楽しみいただける量を予定しております。

支援者
24人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年9月

プロジェクトの相談をする