みなさん初めまして、高知大学の矢野大地と申します。

 

今日から60日間の支援募集期間が始まりました。

どうぞ、よろしくお願いします。

 

今回、僕が大豊シャクヤクの会の活動資金調達を行わせていただいている経緯を少し書かせていただきたいと思います。

 

2012年10月~2013年9月の一年間大学を休学し、宮城県の気仙沼に住みNPO法人底上げという団体で活動をさせていただいていました。そこでは主に子どもの教育支援、キャリア支援をやらせてもらっていて、その他の地域のイベントのお手伝いなどもやらせていただきました。

 

 

 

その機会の様々なタイミングで地域コミュニティの大切さを感じ、2013年の復学後も高知大学の付近の朝倉地域で防災の活動、地域のイベントのお手伝い、一軒家に住んで地域の方と学生のコミュニティを作るような生活をしてきました。

 

そして、去年の11月に出会った高知県の北側にある大豊町八畝地区で地域を盛り上げようとがんばる大豊シャクヤクの会という団体の方々にお会いしました。

 

八畝地区では高齢化が進み、担い手の不足により耕作放棄され荒れた土地がたくさんありました。その土地を開墾し生き返らせ、きれいな花であるシャクヤクの花を植えることで地域を生き返らせるために活動されていました。

 

僕の地元もとても田舎でこのような活動をされている想いにとても共感したとともにこんなにきれいな土地を無くしたくないと強く感じました。

 

そして、僕たちにできることを考えた時、より多くの方にこの活動を知ってもらい、八畝地区を知ってもらい、想いに共感してもらう方法。更に、資金面での課題解決につなげるためにクラウドファンディングを利用し、資金調達をしようと考えました。

 

これから、じゃんじゃん活動の様子や想い、八畝の現状をシェアさせていただきたいと思います。もし、共感していただけましたら、

 

①引換券を購入

 

②Facebook、Twitter、HP、ソーシャルメディアでのシェア、発信

 

などのご協力をしていただけたらとてもうれしいです。

 

 

60日間全力で発信します。よろしくお願いします。

 

新着情報一覧へ