プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

海外では普及し始めているPrEP。日本ではほとんど知られていません。

 

はじめまして、『カラフル@はーと』の翁長、松本です。私たちはLGBT当事者で、精神疾患、発達障害、依存症(アルコール・薬物・性行動、他)などの問題を抱える人が集まる、自助グループです。現在、主に中野区、杉並区、新宿区で当事者同士の交流会「カラフルミーティング」を実施しています。また、相談機関や他のLGBT団体、医療機関等と連携し、行政や医療への理解を求めるための働きかけなどをおこなっています。

 

これまで主に、ゲイ・バイセクシュアル男性向けのミーティングでHIV(エイズウイルス)やセクシュアルヘルスについて話し合ってきました。そのなかで、PrEP(プレップ)という新しいHIVの予防法にとても高い効果があり、海外ではたくさんの国に広がりつつあることを知りました。

 

私たちは、日本ではほとんど知られていないPrEPについて、より多くの人に知ってもらい、考えてもらいたいとの思いから、ドキュメンタリー映画「PrEP17 The coming of age of PrEP」の上映と、海外のPrEP事情に詳しい医師による講演を行います。

 

 

PrEPとは?

 —Pre-Exposure Prophylaxisの略で、日本語では「暴露(ばくろ)前予防投薬」といいます。これは、現在HIVに感染していないけれども今後感染するリスクが高いと考えられる人が、抗HIV薬を服用することによってHIVに感染するリスクを下げる予防法です。あらかじめ抗HIV薬を継続して内服することで、例えばセックスの相手がHIVに感染していて、もし何らかの原因でその人の体液が自分の体の中に入ってしまっても、ウイルスが増えて感染してしまうことを防ぐことができます。 

こちらでPrEPについて、分かりやすくQ&A形式で紹介しています。

 

 

 

ドキュメンタリー映画「PrEP17 The coming of age of PrEP」

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

ドイツの映像作家Nicholas Feustelは、2015年に「the PROUD Study」というタイトルのドキュメンタリー映画を製作し、PrEPがイギリスのゲイ・バイセクシュアル男性に対してHIVを予防する高い効果を示すと結論を導き出しました。その2年後の2017年、PrEPをめぐる状況がどのように変化しているのか、改めて調査し伝えるためのドキュメンタリー映画製作を決意します。

 

ドイツの映像作家Nicholas Feustel
 

 彼はロンドンを回ってPrEPを実際に行っている人々にインタビューし、開始に至った動機や実際の経験をヒアリング。PrEPを推進するアクティビストや医療関係者にもインタビューし、イギリスのHIV予防にPrEPがいかにして大きな影響を与えたのか、またPrEPの普及には何が必要なのかを調査し、探っていきます。

 

インタビューの様子

 

今回の映画上映会を企画するにあたり、複数のPrEP啓発ビデオを候補にしました。その中からこの「PrEP17」に決めた理由は、ゲイ・バイセクシュアル男性だけでなく、女性やトランスジェンダー、黒人の方など、多様な文化的背景を持った人たちが出演しているからです。

 

Nicholas Feuste自身がインタビュワーとなって話を聞いていきます

 

PrEPをしていたが今はやめてしまった人のインタビューや、PrEPを始めようと思ったが、始める前にHIVの感染が分かった人の意見などもあり、様々な視点から多角的にPrEPを考える材料としてとても良いと思いました。

 

性別、年齢問わず、様々な体験が語られています

 

制作元:georgetown media production, Prepster 

制作年:2017年 

出演者:Nneka Nwokolo, Bobby Creger, Antonio Colliani他

 

 

PrEPについて考えることは、自分の健康について向き合うこと

 

このドキュメンタリーを通じて、健康を自分でマネジメントすることの重要性を感じてもらいたいです。ドキュメンタリーの登場人物はゲイ男性、女性、トランスジェンダー、黒人と多様な人たちですが、彼らはみな自分自身の健康に関心を向け、真っすぐ向き合っています。

 

PrEPについて考えるとき、私たちは自分自身の健康を考え、セックスライフを考え、より良く生きるための手段を考えることになります。PrEPをきっかけに、いま一度、自分の健康を自分で守ることについて考えてほしいです。

 

TOKYO AIDS WEEKS 2017

 

この上映会はTOKYO AIDS WEEKS 2017のイベントの一つとして実施予定です。

 

■PrEP映画上映会■

日程:2017年11月25日15:30~17:30

開催場所:中野区産業振興センター

映画の上映会参加料金:無料

 

・映画上映 PrEP 17 – The coming of age of PrEP(2017イギリス)
 ※日本語の字幕を付けて上映をします。

・専門医師によるレクチャー
・Q&A

 

 

 

TOKYO AIDS WEEKS 2017は、市民のHIV/AIDSへの関心を高めて感染拡大の抑止をはかるとともに、HIV陽性者およびHIV/AIDSに対する偏見差別を解消し、感染した人々も安心して暮らせる社会を目指して実施します。

 

自分になにが必要か。考える機会を提供していきたい

 

今回のイベントだけでなく、情報を継続的に提供するための日本語ウェブサイトの開設を予定しています(これまでほとんどのサイトが英語でした)。また、PrEP使用を考えている人のためのワークショップの開催なども準備を進めています。

 

HIVをめぐる現状や新しい予防法を知り、今後自分たちに何が必要かを皆さんと一緒に考える機会を作りたいと思っています。

 

■資金使途■

皆さまからいただいた支援金は、映画の翻訳費、広報費(ポスター、フライヤー、郵送費等)、講師への謝礼などに大切に活用させていただきます。

 


最新の新着情報