オカリナ講師・ブログ オカリナ・スタイルで情報発信をしている降幡新さんの登場です。

 

 

膨大な量のオカリナに関する情報が満載の降幡新さんのブログはこちらです。

Ocarina-Style

 

火山久先生の直弟子、谷力さんが工房を構えていた栃木県佐野市にある高谷オカリナの里のメンバーがClaytoneを勧めてくれて、『蘭』forteをご注文いただいたのがきっかけで交流が始まりました。

 

昨日の銀座山野楽器本店2017オカリナフェアで、初めて直接ご挨拶させていただくことができました。

 

オカリナに対する熱い想いがたくさん、伝わってきます。

 

 

 

Q1.音楽とのかかわりについて 

 

スポーツは高校まで野球をやって(投手)ましたが・・・

 

音楽にも興味があり、小学校=合唱、中学校=吹奏楽(ユーフォニューム)、高校~大学=バンド(E・ベース:フュージョン系)と活動してました。

 

(フルート、キーボード&シンセサイザー、パーカッションとかも趣味で演奏します。)

 

作詞&作曲なんかもやってまして、酔っぱらってくるとオリジナルをピアノで弾き語りますw

 

 

Q2.オカリナのどこにはまったのでしょう

 

 とても人間的な楽器だと思っています。

 

演奏者の感情や体調までもストレートに反映しますし環境や気温なんかにグズったり・・・このちょっと面倒くさいとこが人間的で愛らしい。

 

憎めないヤツって感じですね。

 

僕自身はテクニックのみに頼らないオカリナにしか得られない音色と響きを追求したいと思っています。

 

これからオカリナを始められる方は楽譜なんかに縛られずオカリナの素朴な癒しの音色と自由さを大いに愉しんで下さいね!

 

 

 

Q3.今一番やりたいことはなんですか

 

今は会社の新規事業を成功に導くことだけ 典型的仕事人間ですw

 

 

 

Q4.このプロジェクトへの期待

 

古い体質のオカリナ界に新風を巻き起こして ほしいと思ってます。

 

新たなビジネスモデルと現代的なプロモーション手法をミックスして蘭さんを始めとする若手のスターを輩出、育てて下さい!

 

 

新着情報一覧へ