大人になったサダコを演じてくれた、女優のマミ・スーさんが感想を送ってくれました!

意志があり 美しく 優しい 女性 サダコ を演じてくれてくれました!

ありがとう☆

こんにちは。大人サダコを演じさせて頂いたMami Sueです。


広島での撮影はとても楽しく、無事終了しました。


最初のロケーションはサダコさんがモデルになった原爆の子の像の前。
梅雨時期ですが、お天気もバッチリ晴れました。

偶然居合わせたノルウェーから来られていた素敵な親子や、アメリカの日本語学校の生徒さん達がエキストラで参加して下さり、全てが計画していたよりも更にうまくいきました!

愛の溢れる人達には奇跡が沢山起きるという事を見せて頂きました。
それから、その次のロケーションに移動し、母親になりました!
私が抱いたら赤ちゃんが泣き出したりしたらどうしよう...と、それが一番心配だったんですが、ぜ~んぜん泣かない良い子だったので、一安心。

 

過去にどんな悲惨な事があろうとも、私達はこうして命を次の世代に繋いでいく。
子供達の為にも、みんなで愛と幸せが溢れる世界を作っていきたいですね。

共演させて頂いた、大人になったシンジ役の志葉玲さん。
映画の中で、シンジは戦場ジャーナリストなんですが、実は志葉さんは本物の戦場ジャーナリスト!


本物の戦場ジャーナリストの方と共演したり、実際にお会いしてお話を聞く機会は滅多にないので、とても貴重な体験でした。
より多くの人に真実を伝え、より良い社会を作っていきたいという志葉さんの情熱と活動、尊敬します!
増山監督をはじめ、スタッフの方も皆さん心の美しい方ばかりで、その波動が、目には見えないものですが、はっきりと感じられて、とても気持ちの良い現場でした。
このような素晴らしいプロジェクトに表現者として関わらせて頂けたこと、とても嬉しく感謝しております。ありがとうございます。
愛と平和のエネルギーが世界中に拡がり、一人でも多くの方が幸せに生きていられますように。