READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

将棋で復興応援!宮城県沿岸地域での将棋イベントを開催します

将棋で復興応援!宮城県沿岸地域での将棋イベントを開催します

支援総額

374,000

目標金額 350,000円

支援者
48人
募集終了日
2019年10月31日
プロジェクトは成立しました!
4お気に入り登録4人がお気に入りしています

4お気に入り登録4人がお気に入りしています
2019年09月02日 21:17

宮城県七ヶ浜町での将棋を通した復興支援活動について

宮城県七ヶ浜町は私が普段活動している多賀城市に隣接しています
その名の通り、7つの浜に囲まれた自然豊かな小さなこの町は、夏になるとたくさんの海水浴客が集まります。
そしてシーズン問わずサーフィンの盛んな場所としても知られています。
しかし東日本大震災の際にはこの立地の通り、津波の大きな被害を受けました。
海水浴場は全て壊れ、町内の田んぼや畑には津波の濁流に飲み込まれてしまいました。

その七ヶ浜町にある老人福祉センター「浜風」で、囲碁と将棋を楽しむ会が行われていると知ったのは2013年でした。
多賀城将棋ラボとして活動を開始したのが2014年の11月のことですから、この活動はそれより先に行っていることになります。
「七ヶ浜将棋の会」と題したイベントは、株式会社富士通の将棋部・囲碁部の方を中心としたボランティア活動からスタートしています。
七ヶ浜町にボランティア活動に来ていた富士通将棋部の方と、当時の浜風の館長さんが意気投合して、実現しました。

私は最初にお手伝いさせていただいた時の帰り道、表現しようのない、大きく心が揺さぶられるのを感じました。
将棋大会のような競技をするでもなく、プロ棋士が来て指導対局やお話をするわけでもない。
町内の人が集まって囲碁や将棋を好きなように楽しみ、お茶を飲み、軽食を取り、みんなで懸賞用の詰将棋に頭をひねる。

 

七ヶ浜将棋の会の様子
ビブスをつけているのが富士通将棋部の方を
中心としたボランティアスタッフの方々

 

とても暖かく和やかな雰囲気に満ちあふれて、町内の方もボランティアの方も皆さんとてもいい笑顔・表情をされていました。
当時はまだまだ復興への歩みが思うように進まず、それぞれが日常生活ではいろんな苦労・悩みがあった時期でした。
囲碁や将棋をすることが、復興に直接的につながることはないかも知れません。
しかし避けられなく、耐えがたい現実が多い日常。前に進むだけでは疲弊してしまう中で、囲碁や将棋を楽しむことによる
「ひと休み(非日常)」が次への歩みへの何よりのエネルギーになるのだと感じました。

 

恒例の懸賞詰将棋の解答・解説にみんな耳を傾けています
老若男女楽しめる将棋ならではの1シーン

 

2017年から富士通将棋部さんからバトンを受けて、多賀城将棋ラボがこの将棋の会を運営して行くことになりました。
復興の歩みとともに、町外の将棋愛好家の方との交流を趣旨とし、告知面も県内各所で行い、各地域から幅広い年代層の方が訪町してくださっています。
そして、秋に開催している「七ヶ浜町囲碁将棋大会」も同様にオープン参加を促進しております。
春の「将棋の会」(交流メイン)、秋の「囲碁将棋大会」(競技メイン)と違った2つのイベントを開催して、囲碁将棋を
通した交流人口・関係人口を広げて行きたいと思っております。


七ヶ浜での将棋イベントでは

○運営人件費及び関係費用(春・秋2回で10名分、交通費等含む
○各備品購入費用(春の交流イベント:参加者用記念品・お茶・軽食、事務備品類)
○将棋大会賞品代(秋の将棋大会:入賞者用、ペナント代、事務備品類)

○町内学校や児童館などへ寄贈する教材型将棋用具購入費

をプロジェクト支援金から使用させていただく予定です。

 

七ヶ浜町には先日ご紹介した女川町のように地元に将棋サークルのような団体がなく、前館長も退任して、継続は毎年懸念事項となっています。

本プロジェクトでイベントを継続しつつ、運営側にも参加してくださる人を増やして、地域での人材発掘・育成にもつなげたいと思っております。

いずれは地元の子どもや大人が交流出来る環境作りにつなげていけるような安定したソフトの構築が大きな課題です。

どうぞ、ご支援の程よろしくお願い致します。

一覧に戻る

リターン

3,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

プランA

・全てのプロジェクト完了時に報告書(紙)をお送り致します。
・宮城県沿岸地域関係の特産品(500円相当の加工産品)

支援者
29人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年10月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

プラン2

・全てのプロジェクト完了時に報告書(紙)をお送り致します。
・宮城県沿岸地域関係の特産品(1000円相当の加工産品)
・熊坂学五段による指導対局権
 (2020年1月:女川町、2月:利府町、7月:南三陸町にて開催予定のイベント会場にて)
※1月と2月のイベント日程・会場は2019年11月に、7月のイベント日程・会場は2020年4月に決定します。
※指導対局は1時間を予定しております(2、3名同時に対局する場合があります)。またイベント会場までの交通費は自己負担となります。予めご了承ください

支援者
19人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年10月

プロジェクトの相談をする