プロジェクト概要

自己紹介

多賀城将棋ラボの出原(いではら)卓朗と申します。

宮城県多賀城市で将棋教室や将棋大会を企画・運営しております。

地元・多賀城市での活動に併せて、東日本大震災の被害の大きかった宮城県沿岸地域で将棋を通した交流人口拡大と地域活性化を目的としたイベントを開催しております。

多賀城市で将棋教室や大会を開催してます
多賀城市は将棋の駒で有名な山形県天童市と友好都市です
※画像は多賀城・天童交流促進将棋大会の様子

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

これまでは個別に宮城県内沿岸地域のイベント実施に対応して来ましたが、震災から年月が経ち、支援・実施体制の維持が難しくなって、イベントの継続が難しくなって来ました。そこで個別に行っていた沿岸地域でのイベントを包括して取組むことによって継続・発展性のあるものにしたいと思い、今回のプロジェクトを立ち上げました。

七ヶ浜町で行われている「将棋の会」
将棋によって町内と町外の人の輪が結ばれています

 

▼プロジェクトの内容

宮城県沿岸地域の南三陸町、女川町、利府町、七ヶ浜町で将棋大会、交流会、プロ棋士による講座・指導などを行います。予定としましては、南三陸町、女川町、七ヶ浜町で年に2回、利府町で年に1回と年間合計7回のイベントを考えております。

地方ではプロ棋士から​​​​​​指導を受ける​​​​機会は少ない。
このプロジェクトではその”機会”を増やしたい思いがあります

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

将棋には老若男女問わず同じルールで楽しめるという特性があります。ですので将棋を指す方はたくさんいらっしゃいますが、イベントを企画・運営する人が少ないのが現状です。活動を続けることによって地元の人や企業・団体が参加し、「オール地域」でイベントを継続していけるようにイベントには地元の人、企業・団体へ働きかけを行って参ります。

 

女川町で開催されている将棋大会の様子
運営体制の維持はどの地域でも課題となっている

 

▼プロジェクト終了要項

2019年11月16日から2020年8月30日までの間、宮城県内沿岸地域(南三陸町、女川町、七ヶ浜町、利府町)で将棋イベントを7回開催したことをもって、プロジェクトを終了とします。 
※イベント開催スケジュールについて 
①2019年11月16日(土)に、七ヶ浜老人福祉センター「浜風」にて「七ヶ浜町囲碁将棋大会」を行います。 
※その他の開催時期は以下の日程で決定します。 
②2020年1月下旬(日)に女川町勤労青少年センターにて「女川町議長杯新春将棋大会」を開催します(決定予定日:2019年12月9日) 
③2020年2月上旬(祝)に、利府町公民館で「利府町ふれあい将棋ひろば」を開催します(決定予定日:2019年12月16日) 
④2020年3月下旬(祝)に、南三陸ポータルセンターにて南三陸ふれあい将棋ひろばを開催します(決定予定日:2020年1月6日) 
⑤2020年5月上旬(土)に、七ヶ浜町老人福祉センター「浜風」にて、「七ヶ浜将棋の会」を開始します(決定予定日:2020年3月10日) 
⑥2020年7月中旬(祝)に、南三陸ポータルセンターにて「南三陸将棋まつり」を開催します(決定予定日:2020年4月5日) 
⑦2020年8月下旬(日)に、女川町勤労青少年センターにて「女川町議長杯納涼将棋大会」を開催します(決定予定日:2020年7月14日)

※天災等やむを得ない事情により予定していた日にイベントが開催できなかった場合は延期します(延期日:未定。各開催日の2週間後に決定します)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)