READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

桜の花びら型レジャーシート1000部を制作し東北地方に届けたい!

鈴木 淳史

鈴木 淳史

桜の花びら型レジャーシート1000部を制作し東北地方に届けたい!
支援総額
1,240,000

目標 1,197,000円

支援者
47人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2015年03月31日 11:57

【白馬村・小谷村行ってきました】

昨日、シート100枚を車に積んで行ってきました。

 

長野県小谷村と白馬村です。

 

 

東京は24℃にまであがったという事でしたが、こちらは別世界。

山登りがしたくなりました。

 

まず、小谷村役場へ向かい、松本村長に贈呈しました。

 

 

この春に塩の道祭り(http://shionomichi-matsuri.com/)というものがあり、そこで子どもたちに使ってもらうことを考えているとおっしゃっていただけまいた。

 

その後、長野県の方に地震の際に一番一番甚大な被害があった場所に案内していただきました。

 

 

倒壊危険で今も立ち入り禁止の地域は、隣近所同士で助け合い命拾いした方々がいたという事。


どんな人が住んでいるのか、何人住んでいるのかわかっているから助けられる。

プライバシーがとか個人情報がいいそうですが、いざという時は日頃からコミュニケーションがなければ命を落としかねないという事。

 

コミュニティの健全さ、コミュニケーションの良好さが大切のようです。

 

その後、白馬村役場に移動して、下川村長に贈呈しました。

 

 

こちらでも小学校や保育園など、子どものイベントで使用を検討していただけるとの事です。

 

この訪問をきっかけに、地元のケーブルテレビ、中日新聞、大糸タイムスの取材を受けましたので、扱っていただけるのかな?と思います。

 

 

 

こちらは仮設住宅。今も35世帯が入居しているそうです。

 

 

仮設住宅は東北大震災で何棟も建てた方々があっという間に建てたそう。
ある意味東北での経験を白馬で活かしたという事ですね。


傷を癒すことはもちろん必要ですが、なぜ傷を負ったのか、どのみち負うなら浅い傷で済ませるにはどうしたらいいのか。

 

そういった事も重要だと今回の訪問から実感しました。

 

メディアで扱われたら再度ご報告致します!

一覧に戻る

リターン

3,000

①サンクスカード

支援者
10人
在庫数
制限なし

10,000

①サンクスカード
②シート1枚
③特産品1カ所
④facebookページの支援者お名前欄に記載

支援者
30人
在庫数
制限なし

30,000

①サンクスカード
②シート2枚
③特産品3カ所
④facebookページの支援者お名前欄に記載
⑤桜模様の江戸切り子

支援者
4人
在庫数
制限なし

50,000

①サンクスカード
②シート5枚
③特産品3カ所
④facebookページの支援者お名前欄に記載
⑤桜のフラワーアレンジメント1個(ご希望の場所へお届け※国内のみ)
⑥桜模様の江戸切り子

支援者
6人
在庫数
制限なし

100,000

①サンクスカード
②シート10枚
③特産品3カ所
④facebookページの支援者お名前欄に記載
⑤桜のフラワーアレンジメント1個(ご希望の場所へお届け※国内のみ)
⑥桜模様の江戸切り子

支援者
2人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする