メンバーの意気込み03

いつも不思議な言動と上手なイラストでメンバーを盛り上げてるTKさん。実はとても気遣いのある人なのでした。
そんなメンバーが頑張る、第2回SCBFのクラウドファンディングにどうかご協力ください、拡散orシェアお願いします!
https://readyfor.jp/projects/scbf
▶私なんか何の役にも立たない。こんな自分が果たして生きる意味はあるのか。そんな想いに囚われて、随分長い間一人で自分の殻の中に閉じこもっていました。ですがせたがやサポステに来て、ご縁があってカレーパンまつりの参加者として多くの人と活動をともにさせて頂くことになり、少しずつ良い方向に変われてきているように感じます。
よほどのことがない限り、人間は一朝一夕に変わることは出来ない生き物だと思います。ですがカレーパンまつりは準備から祭り当日までの期間がかなり長いスパンで行われる企画です。その間に仲間達と協力し合い、失敗や欠点を指摘されることで改善したり、もしくは補い合ったり。そんな日々をくり返し積み重ねることにより、徐々に自分は一人ではないと思えるようになってきました。それは短期間のイベントでは決して手に入れることの出来ないものだと思います。
「誰かに必要とされたい」、「何かの役に立ちたい」。それは人間なら誰もが持っている根源的な欲求だと思います。他者から受け入れられること。そしてその人達を自分もまた受け入れること。そしてその積み重ねの中で、通常の社会生活を送るのが困難になるほどにまで喪失してしまった自分自身を時間をかけて取り戻していくこと。今はつまずいている人達も、それが成されれば、人は必ず誰かの笑顔が見たくなるものだと私は思っています。
せたがやサポステとカレーパンまつりの仲間達との活動は、私にそれを与えてくれました。
ずっとそばにいてくれる人達にも、今はもう会えない人達にも、一度きりしか会えなかった人も、手を差し伸べてくれた全ての人に感謝しています。今は無力な自分でも、例えどんな形でも、いつか誰かに手を差し伸べる側の人間になれることを心より願っています。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています