クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

日本初の本格的な都市型コミュニティ財団を、世田谷につくりたい

世田谷コミュニティ財団設立準備会 水谷衣里・市川徹

世田谷コミュニティ財団設立準備会 水谷衣里・市川徹

日本初の本格的な都市型コミュニティ財団を、世田谷につくりたい
支援総額
2,620,000

目標 1,000,000円

支援者
210人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
25お気に入り登録25人がお気に入りしています

終了報告を読む


25お気に入り登録25人がお気に入りしています
2018年03月14日 17:49

寄付者からのメッセージ(天野秀昭さん)

寄付者からのメッセージ。今日ご紹介するのは、日本で初めて、「プレーリーダー」という職に就かれて以来、長く”子どもの遊び”に関わられている天野秀昭さんです。

 

世田谷のまちと子どもの変化を見守られてきた天野さんからのメッセージはこちら。

 

 

 

今年40周年を迎える冒険遊び場、プレーパークの発祥の地は、ここ世田谷区にある。ぼくは、そこに仕事として着任した最初の人間だ。

 

冒険遊び場は、わが子があまりに自分の子ども時代と違う環境にいることに疑問を感じた一組の夫妻の呼びかけから始まった。1975年の話である。これが画期的だったのは、行政には何も求めなかったことにある。

 

子どもは、遊ぶことを通じて育つ。その環境を保障するのは地域であることを自覚し、自分たちの手でそれを実現しようとした。このムーブメントは結果的に行政を動かし、1979年、日本初の市民と行政による協働事業としての冒険遊び場、羽根木プレーパークを生み出した。

 

 

こうした遊び場をわが地域にもと願う市民の動きは全国に広がり、今では400を超える団体が冒険遊び場の運営に当たっている。

 

冒険遊び場の神髄は、「自治」にある。自治は、「自由」を保障するための不可欠だからだ。

 

「子どもがやりたいと言っているのだから、やらせてあげようよ。それがやれないというのだったら、どうすればやれるようになるかを考えようよ。」

 

失敗も成功も、その子がやりたいと言って始めることだからその後の糧となる。そもそも子どもには、「もっと育ちたい」という生きる意欲があり、それが「やってみたい!」という欲求を生み出す。遊ぶことはその表現で、それは自由に裏打ちされている必要がある。

 

 

社会課題は、実に多様に存在する。その解決に向けて、本来行政が動かなければならないことは多い。けれど、だからといって市民が何もしないという発想はどうなのだろうか。

 

他者に何かを「してもらう」のではなく、自分たち市民がその先鞭を付ける。それこそが「自由」であるための本来の在り方かもしれないと思うのだ。

 

市民自治で冒険遊び場を生み出したこの世田谷から、新たな自治のムーブメントを全国に示したい。

一覧に戻る

リターン

10,000円(税込)

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

10,000円コース

■設立寄付(1口)
■設立寄付者としてウェブサイトにお名前を掲載
(お名前の掲載を希望されない場合はお知らせください。)

支援者
188人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年5月

30,000円(税込)

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

30,000円コース

■設立寄付(3口)
■設立寄付者としてウェブサイトにお名前を掲載
■設立寄付パーティにてお名前をご紹介
(お名前の掲載・紹介を希望されない場合はお知らせください。)

支援者
18人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年5月

50,000円(税込)

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

50,000円コース

■設立寄付(5口)
■設立寄付者としてウェブサイトにお名前を掲載
■設立寄付パーティにてお名前をご紹介
(お名前の掲載・紹介を希望されない場合はお知らせください。)

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年5月

100,000円(税込)

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

100,000円コース

■設立寄付(10口)
■設立寄付者としてウェブサイトにお名前を掲載
■設立寄付パーティにてお名前をご紹介
(お名前の掲載・紹介を希望されない場合はお知らせください。)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年5月

プロジェクトの相談をする