READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

開発途上国の暮らしをリアルに体感できるVR映像をつくりたい!

開発途上国の暮らしをリアルに体感できるVR映像をつくりたい!
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

1,756,000

目標金額 5,000,000円

支援者
158人
募集終了日
2016年10月7日
募集は終了しました
18お気に入り登録
18人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

18お気に入り登録
18人がお気に入りしています
2016年08月24日 14:01

【特別対談】石井光太×安田菜津紀が伝えたいこと ①

こんにちは、セカイ・メディアラボ事務局の古田亜以子です。

 

私たちの団体の主要メンバーである石井光太安田菜津紀。一見正反対にも見える2人がなぜタッグを組み、しかも、本業であるペンでもカメラでもなく最新技術のVR(バーチャル・リアリティ)を使って、世界の現状を子どもたちに伝えようとしているのか・・・

 

私たちの活動を多くの方々に知っていただくために―。対談形式で3回にわたってお届けします!

 

 

 

「伝える」仕事に就く

きっかけとなった 10代の体験

 

安田:石井さんと初めてお会いしたのは、7~8年前でしょうか。私が一方的に石井さんの本が好きで、共通の知り合いのNGOの方に連絡先をお聞きしたんですよね。その時はまさか、こうやって一緒にプロジェクトをやることになるとは思いませんでした。 当時に比べると、石井さんの作品の表現方法が、少しずつ変わってきているような気がします。ご自身で意識してのことでしょうか?

 

石井:自分の年齢や経験に応じて、いろいろ変わってくるのは当然だし、僕自身も変えていかなければならない、そう思っています。

 

安田:最初は、もちろんいい意味ですけど、とんがった印象がありました。でも最近は、どうにか「子どもたちに伝えていきたい」という思いがあふれ出ているように感じます。

 

石井:安田さんは初めて会った時から「世界のいろいろな現状を伝えていきたい」というスタンスは一貫していて、今もまったく変わっていない。そもそもその原点は、どこにあるんでしょうか。

 

安田:石井さんとセカイ・メディアラボをやりたいと思ったのは、なによりも「日本の子どもたちに伝えたい」という思いが一致していたからです。 私の場合は高校2年生の時、子どもと大人の境目だけど社会的に見ればまだまだ子どもに見られる年齢で、NGOのプログラムでカンボジアを取材しました。

 

現地の子どもたちとの出会いを通じて感じたのは、子どもは「世界の指標」であるということ。カンボジアの現状を目の当たりにして、子どもたちが笑えない社会はまったく豊かではない、と。彼らの表情を見つめながら、日本の同世代の子にこの現状を伝えたいと思ったのが原点です。

 

石井:僕は大学1年の時にアフガニスタンの難民キャンプに行って、地平線いっぱいに並んだ障害を持った物乞いの人たちに「1ルピーくれ」と言われて、怖くなって逃げだしてしまったんです。日本円ではたった2円くらいなんですけど・・・。そんな自分はなんて弱いんだろうと思ったし、世界って本当に自分の知らないものが広がっているんだと実感しました。

 

その時は逃げ出してしまったけれど、僕はそれについていかなければならない、そうした体験が今こうして、10数年ノンフィクション作家を続けるモチベーションになっています。

 

となると、僕も安田さんも同じで、10代で体験したことが今の活動につながっていますよね。若い時の「体験」は間違いなく、その人を突き動かすエネルギーになる。それがどれだけたくさんあるかが、世の中を変えるカギとなるのです。今回のプロジェクトでは、まさにそういった「体験」のきっかけづくりをしたい、そう思っています。

 

続く

 

 

 

 

8月28日(日)、鎌倉でイベントを開催します!【特別対談】石井光太×安田菜津紀が伝えたいこと ②
一覧に戻る

リターン

3,000

alt

プロジェクトメンバーからお礼のメッセージ

■ サンクスメール(プロジェクトメンバーからお礼のメッセージをお届けします)

支援者
59人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2016年11月

10,000

安田菜津紀撮影ポストカード&ニュースレター

安田菜津紀撮影ポストカード&ニュースレター

■ 安田菜津紀撮影のポストカードでサンクスレターをお届けします
■ イラクでのVR撮影の様子が分かるニュースレターをお送りします

支援者
90人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2017年3月

30,000

セカイ・メディアラボ×JIM-NETのポストカードセット

セカイ・メディアラボ×JIM-NETのポストカードセット

■ 安田菜津紀撮影のポストカードでサンクスレターをお届けします
■ イラクでのVR撮影の様子が分かるニュースレターをお送りします
■ セカイ・メディアラボ×JIM-NETのポストカードセット

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2017年3月

50,000

VR映像の完成披露試写会へご招待

VR映像の完成披露試写会へご招待

■ 安田菜津紀撮影のポストカードでサンクスレターをお届けします
■ イラクでのVR撮影の様子が分かるニュースレターをお送りします
■ セカイ・メディアラボ×JIM-NETのポストカードセット
■ VR映像の完成披露試写会へご招待

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2017年3月

100,000

VR映像のエンドロールにお名前掲載

VR映像のエンドロールにお名前掲載

■ 安田菜津紀撮影のポストカードでサンクスレターをお届けします
■ イラクでのVR撮影の様子が分かるニュースレターをお送りします
■ セカイ・メディアラボ×JIM-NETのポストカードセット
■ VR映像の完成披露試写会へご招待
■ VR映像のエンドロールにお名前掲載(希望者のみ、法人可)

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2017年3月

200,000

現地取材で撮影された写真のフォトブック

現地取材で撮影された写真のフォトブック

■ 安田菜津紀撮影のポストカードでサンクスレターをお届けします
■ イラクでのVR撮影の様子が分かるニュースレターをお送りします
■ セカイ・メディアラボ×JIM-NETのポストカードセット
■ VR映像の完成披露試写会へご招待
■ VR映像のエンドロールにお名前掲載(希望者のみ、法人可)
■ 現地取材で撮影された写真のフォトブック

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2017年3月

500,000

プロジェクトメンバーによるVR映像を使った講演会実施

プロジェクトメンバーによるVR映像を使った講演会実施

■ 安田菜津紀撮影のポストカードでサンクスレターをお届けします
■ イラクでのVR撮影の様子が分かるニュースレターをお送りします
■ セカイ・メディアラボ×JIM-NETのポストカードセット
■ VR映像の完成披露試写会へご招待
■ VR映像のエンドロールにお名前掲載(希望者のみ、法人可)
■ 現地取材で撮影された写真のフォトブック
■ プロジェクトメンバーによるVR映像を使った講演会を行わせていただきます

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2017年3月
プロジェクトの相談をする