プロジェクトのの挑戦を始めて、5日が経ちました。

 

多くのご支援があり、喜んでおります。

また、応援のメッセージや仲間に入れてくださいとの問い合わせもあり感無量です。

 

まだ達成はしていませんので、喜んでばかりいられません。

 

 

このプロジェクトの2年半前にあった「障がいのある人の仕事を創る会」の時、こういう話がありました。

 

障がいのある親御さんは、自分の生涯が終わる時、子供の事が気がかりになるので、いっしょに逝けたらと思う人が多くいます。

でも、多くの方は、そんな不幸なことはできなく、思いを残して亡くなっていきますよね。

でも、生涯の仕事を創っていけば、私たちの想いをつなげていき人を創ってあげれば、彼ら彼女たちは幸せに生きていける。

 

このプロジェクトの主役は、障がいのある人たちです。

でも、障がいのある人たち親御様も、主役なんです。

 

私も含め、障がいのある子供の親御様たちも笑って逝ける世の中を創るのも、私の想いにあります。

 

どうか、お力を、貸してください。

宜しくお願い致します。

新着情報一覧へ