現在、SHARE LIFE DESIGNが展開するシェアハウスでは、定期的に語学教室「Co-Learning Time」を開催しています。

 

この写真は、今週行われたワーホリで松山に来ているイギリス人が先生をしてくれている英語教室の様子です。英語教室は、初級コースと中級コースに分けていて、英語が苦手な方でも気軽に参加できるようにしています。

 

シェアハウスの住民が先生となり、友人や地域の方が参加者としてこられます。なぜ、「Co-Learning Time」と言うかというと、日本人と外国人が共に学び合う時間になっているからです。

 

外国人の先生をしてくれる方が一方的に母国語を教えるだけでなく、地域に住む人が、日本語を教えたり、地域のことを伝えたりして学び合う場にシェアハウスが活用されています。

 

英語の他に、韓国語講座も開催しています。

 

3,000円以上の寄付をして頂いた方には、特典としてこの語学教室「Co-Learning Time」の招待状を郵送させて頂きます。

 

人と人、人と地域、人と世界が繋がり、学び合う場をSHARE LIFE DESIGNは、これからも創造していきます。

新着情報一覧へ