活動報告とプロジェクト終了のお知らせ

寒い山形の夜はやっぱり火鍋。

 

冬本番中の当シェアハウスでは古民家ならではのハプニングが多発しております。

 

・給湯管凍結 

・給水管凍結

・洗濯排水が凍って洗濯機エラー

・ポットの蓋が凍って開かない

・積雪による軽トラック埋没。

・食用油全凍結

 

冬の厳しさは覚悟していましたが、想像以上の出来事に困惑しております。

でも、この環境が生き抜く知恵に繋がるんですね。

よく考えれば困ったほとんどの原因がここ数十年の間にできた産物なわけですから。

その遥か昔からずっと人間は知恵を絞りながら生きてきたわけです。

ボタン一つでなんでもできる環境では何も考えなくなるのだと痛感します。

そして先人の知恵にただただ感心させられる今日この頃です。

 

余談はさておき、本場中国からの留学生が中心となり火鍋会を開催しました。

言葉や文化は違っても食卓を囲むことでグッと距離が縮まります。

 

 

寒い冬でも旨激辛な鍋で体の中から温まれば身も心もほぐれるものです。

次の日辛さが体を容赦なく襲いますが。

集まって皆で作り食卓を囲むのは良いもので、お店で食べるのとはまた違った美味しさがあります。

 

今後も定期的に「食」を通じて集まれる場を提供していきたいと思います。

 

 

ー 最後に ー

昨年の4月に古民家に出会ってから本当にたくさんの人とのご縁ができました。

皆様からご支援いただいたおかげで古民家改修も滞りなく進み、空き家だった築100年の家が人の集まる空間に生まれ変わることができましたことを報告するとともに心から厚く御礼申し上げます。

 

本プロジェクトの目的「体感型シェアハウスを作る」ことを無事実施できましたので、これにてプロジェクト終了とさせていただきます。

本当にありがとうございました。

 

今後は本プロジェクトをきっかけに縁ができた仲間とともに、空き家や耕作放棄地などの潜在資源の可視化、活用方法の提示、利用者とのマッチングに力を注いでいく所存です。

 

世間から評価されていないものに新たな価値を生み出すことをミッションとし活動してまいりますので今後とも応援よろしくお願い申し上げます。

 

ありがとうございました。

 

古民家シェアハウス つぶ亭 小関大介

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています