クラウドファンディング終了まで、あと2日になりました。

 

ネクストゴール達成まで、あと733000円。最後の最後まで諦めません。

 

みなさまのお陰で最初の目標金額200万円が達成でき、赤レンガ倉庫の耐震補修工事の調査と雨樋等改修が可能になりました。

 

300万円が達成できると、外周の基礎補修・外周レンガ補修も可能になります。300万円が達成してやっとレンガ自体の修復に取りかかれる状態です。

 

完全な修繕には、まだまだ道のりが遠いこのプロジェクト。しかし、後世にこの文化財を残るためには、着実に、そして早急に作業に取り掛かる必要がございます。

 

この修繕のためのクラウドファンディングは、いただいたご支援で基礎補修・外周レンガ補修を終えてから、また2回3回と時間をかけて挑戦させていただきたいと考えています。大学の予算は必要経費に分配されるため、経費以外の資金調達が必要だからです。

 

今回のクラウドファンディングでネクストゴールも達成できれば、その分早く修復作業に取り掛かることができます。

 

残り2日、少しでも多くの方にこの挑戦が届けるために、みなさんにSNSでの拡散をお願いできないでしょうか。ぜひ、お知り合いの信州大学OBOGの方にもお知らせくださいませ。

 

<拡散の方法>

■トップページをスクロールしていただくと、右下に「0円からできる支援」という項目がございます。

 

「f(フェイスブック)シェアする」 もしくは「ツイートする」をクリックし、投稿をお願いいたします。その際、ぜひあなたの赤レンガ倉庫の思い出をコメントしていただけると嬉しいです。

 

 

 

また、本プロジェクトに寄付をいただくと、「税額控除」か「所得控除」を選択していただけます。

 

<優遇措置について>

・個人の場合

2000円以上の寄附をされた方は、寄附金領収書を添えて確定申告を行うことで所得税に関する優遇措置として「税額控除」か「所得控除」のうち有利な方を選択できます。一部の住民税についても優遇措置の対象となる場合があります。

 

・法人の場合

「寄付金特別損金算入限度額」の枠が適用され、当該限度額の範囲で損金算入ができます。

※詳しくは自治体や所轄税務署、国税庁のウェブサイト等をご覧ください。

 

<寄付金領収書の発行について>

寄附をされた方には、後日「寄附領収書」を送付致します。

 

・領収書名義:Readyforアカウントにご登録の氏名を宛名として作成します。
・領収書発送先:Readyforアカウントにご登録の「ギフトの発送先ご住所」にお送りします。
・寄附の受領日(領収日):Readyforから実行者に入金された日となります。8月を予定しております。
・領収書の発送日:2019年9月ごろを予定しています。発行までお時間をいただきますが予めご了承願います。

 

最後までどうぞよろしくお願いいたします。

 

新着情報一覧へ