READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

【ソーシャルビジネスラボ】都心にワンコインで利用できる社会活動のスペースを創る!

柚木理雄

柚木理雄

【ソーシャルビジネスラボ】都心にワンコインで利用できる社会活動のスペースを創る!
支援総額
452,000

目標 350,000円

支援者
52人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
12お気に入り登録12人がお気に入りしています

12お気に入り登録12人がお気に入りしています
2013年10月20日 13:47

入居者紹介

こんにちは。SBLの住人の町塚と申します。

今日は「私がなぜSBLに住み始めたのか」と「SBLの良いところ」について話したいと思います。

 

【なぜ住み始めたのか】
結論から言うと
とことん議論できる仲間・時間・場所が欲しかったからです。

 

私の将来の夢は
社会課題を解決するサービスを運営し、人々の生活を豊かにすることです。

 

そのために
静岡市の成人式の変革を行ったり
ソーシャルデザインを行っている会社でインターンをしたりしています。

 

上記の経験から2つのことを学びました。
それは社会課題の解決には多くのコストがかかること。
多くのコストを跳ね除け、課題解決に取り組む仲間が必要ということです。

 

つまり、一緒に社会課題の課題の解決に取り組む仲間と環境を求めていたのです。
そこでご縁があったのがSBLでした。

 

さっそく発起人の柚木さんに連絡を取り、
小奇麗な居酒屋で熱い議論をした後
すぐ入居を決意したのを覚えています。

 

【SBLの良いところ】


SBLの良いところは「多様な人材によるシナジー効果」です。

社会課題の解決に多様な人材は不可欠です。
SBLにはデザイナーや税理士、弁護士、官僚など、
様々な人が住んだり、集まったりしています。

 

そのため、1つの問題意識に多様な視点がぶつかり
意外な解決策が見つかることにつながります。

 

それだけではありません。
専門的なスキルを持った人材が集まっているので
議論したあとすぐ実行することもできるのです。

 

また、密度の各メンバーの距離を縮める事を目的に
月に一回「リンクプロジェクト」という活動を行っています。

 

リンクプロジェクトとは、
各自の人生経験とそこから来る価値観やスキル等をプレゼンテーションし、
より深くメンバーを知る会です。

 

「接点のある友達なのに、意外と知らない面があった。」
なんてことよくありますよね

 

各メンバーの内面を共有することで、濃密な議論=多様な視点のぶつかり合いが可能になるのです。

 

この活動は社会活動に関心のある方であればどなたでも参加可能なので
是非遊びにいらしてください!

 

以上、SBLの住人とおすすめポイントの紹介でした!

 

READY FORの残り期間はあと2か月です。
引き続き、ご支援・拡散の協力お願いします。

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

①お礼のメッセージ
②スペース利用4H無料券

支援者
32人
在庫数
制限なし

10,000

①、②に加え
③HANTOの「版画と版のアクセサリー」
版画家とプロダクトデザイナーがコラボすることで生まれたブランド"HANTO"から「版画と版のアクセサリー」をプレゼント。芸術家の村の"アートとビジネスをつなげて行きたい"という考えに共感いただきました。
→HANTOとは?
http://www.vectculture.com/vc/news-2013-0531-2860
※柄、色はランダムとなります。
※HANTOはベクトカルチャー株式会社の商標です

支援者
5人
在庫数
制限なし

10,000

①、②に加え
④SBLオープニングパーティー無料招待券

支援者
8人
在庫数
制限なし

10,000

【引換券新しく種類が増えました!】

①、②に加え
★福を招く《ひだりうま》豆判子

支援者
1人
在庫数
9

30,000

①〜④に加え
⑤SBLPass(無料利用券、有効期限6ヶ月)
⑥芸術家の村HPにお名前を掲載(希望者のみ)

支援者
7人
在庫数
制限なし

100,000

①〜⑥に加え、
・3Fスペースor1Fスペースに名前を付ける権利

支援者
0人
在庫数
2

プロジェクトの相談をする