プロジェクト終了報告

2019年03月28日

プロジェクト終了報告

この度は、「300年春を告げた吉木のヤマザクラ。添田町復興のシンボルに!」プロジェクトに多くのご支援、ご声援をいただき、誠にありがとうございました。

 

皆様からいただいたあたたかい想いにより、
吉木のヤマザクラでつくった復興祈願モニュメント「花開童子」が完成いたしました。

 

 

倒れてしまった山桜が、このような形でよみがえり、新しい命が吹き込まれたこと、大変嬉しく思っております。本当にありがとうございました!

 

完成までの経過等は、新着情報をぜひご覧いただければ幸いです。

 

【ご支援金について】
今回ご支援いただいた総額2,346,000円は、Readyforへの手数料を除き、モニュメント「花開童子」制作、展示ケースの製作のほか、寄附者銘板の製作、プロジェクト解説板の製作、返礼品の製作に活用させていただきました。

 

【今後について】
プロジェクトに基づくリターンは、全て発送・お渡し済です。
今後、モニュメントの展示等に関するお知らせは、随時、添田町HP(https://www.town.soeda.fukuoka.jp/)で行ってまいります。

 


復興を願い、祈る想いを、倒れた山桜に託した今回のプロジェクト。

災害の記憶は、いつか風化してしまうかもしれません。
けれど、皆様の想いでつくられた「花開童子」は、後世へ、その想い・願いをつないでくれると信じています。


これからも、添田町をどうぞ宜しくお願いいたします!