みなさん、こんにちは!実行者のデニスです。

クラウドファンディングがスタートして6日目になります。おかげさまでなんとか20%を超えました!

 

ここで、私たちの活動を少し紹介させていただきたいと思います。

 

私たちは、地方創生において留学生をはじめとする国際的な人材が活躍できる場作りを目標として活動しております。留学生が「お客様」としてではなく、「地域の仲間」として地域に入り込んで、地元の方々と一緒に地域活性化やまちづくりなどに取り組んでいきます。

 

去年の12月から先月まで、ザックというモンゴル出身の参加者を石巻に送り、1ヶ月半ほど滞在し、地元の方々と交流しながら、国際的な切り口から石巻の魅力を再発見しました。

 

 

ザックは最初から積極的に地元の方々に話しかけ、あっという間に地元の人に名前を覚えられるようになり、すんなり地域に溶け込むことができました。

 

私たちは、どんなことに取り組むにしても、日本人であろうが、外国人であろうが、信頼関係とコミュニケーションを大切にしています。私たちが取り組もうとしていることはもちろん地元の方々と共有しますが、それ以上に、一緒にご飯食べたり、お酒飲んだりして、個人としてつなぐことが大事だと思います。

 

そういう意味では、私たちが目指している理想像というのは、留学生が「お客様」として地方に行って、一方的におもてなしを受けるばかりでなく、お互い学び合い、一緒に時間を過ごしながら、地域活性化の活動に取り組むことです。

 

そして、今回私たちがクラウドファンディングで資金調達しているのは、私たちが地域で時間を過ごして気付いた「魅力」を海外に発信するためのメディアを作るためです。

 

この「魅力」というのは、地域の綺麗な景色や美味しい食べ物だけでなく、むしろ「形にこだわらず、本質を大切に」し、モノではなくモノガタリを海外に発信したいと考えています。

 

明日から2ヶ月、私は石巻に滞在しながら、クラウドファンディングのメンバーと一緒にこのプロジェクトを進めてまいります。引き続き、注目していただければ幸いです。

 

ちなみに、ザックは今、北海道の下川町にいます。夜はマイナス30度まで下がる美しき森林の町です。下川町でも、地元の方々と一緒に交流しながら、魅力発見・発信をしています。

 

新着情報一覧へ