READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす

新たなシェアハウスのありかたを提案する本を出版します!

東村 奈保

東村 奈保

新たなシェアハウスのありかたを提案する本を出版します!
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

1,763,000

目標金額 1,800,000円

支援者
76人
募集終了日
2014年2月25日
76人 が支援しました
募集は終了しました
5お気に入り登録5人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

5お気に入り登録5人がお気に入りしています
2014年01月29日 00:58

自立は、依存先を増やすこと

『自立は、依存先を増やすこと
希望は、絶望を分かち合うこと』

 

脳性まひの障害を持つ、熊谷晋一郎さん(小児科医/東京大学先端科学技術研究センター特任講師)のインタビューでの言葉です。
http://www.tokyo-jinken.or.jp/jyoho/56/jyoho56_interview.htm

 

”依存先を増やして、一つひとつへの依存度を浅くすると、何にも依存してないかのように錯覚できます。”

 

”実は膨大なものに依存しているのに、「私は何にも依存していない」と感じられる状態こそが、“自立”といわれる状態なのだろうと思います。だから、自立を目指すなら、むしろ依存先を増やさないといけない。”

 

「自立は依存先を増やすこと」この言葉を読んだ時、「うぉ〜、そうそう〜〜〜〜!」と思わず叫んでしまいました。
そうなのです。「依存」の反対語は「自立」ではないのです。

 

私は、自立は成長の過程だと思っています。自立がゴールなのではなく、自立した人間になってようやく「相互依存」という新しい段階に入れると思うのです。障害者も健常者もどんな人も、与えられるだけでなく、与えることも出来る社会。この「相互依存」の状態が、真の自立だと思うのです。

 

そして、シェアハウスなどの他人同士が自然に助け合える場というのは、その成長の手助けをしてくれると思っています。
そんな場所が世界にたくさんあれば・・・
相互依存できる人、場所、コトを増やすこと。それがソーシェアのミッションです。


2014.1.28
東村 奈保

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

①サンクスレター
②パンフレット
をお送りします。

支援者
20人
在庫数
制限なし

10,000

alt

①、②に加え、
③今回作成します、『寄り添う暮らし ~ライフスタイル別、課題解決型シェアハウスを紹介します~』(1冊)をお送りします
④『寄り添う暮らし ~ライフスタイル別、課題解決型シェアハウスを紹介します~』に協力者としてお名前を掲載します

支援者
48人
在庫数
制限なし

30,000

alt

①~④に加え、
➄ソーシェアTシャツ
をお送りします。

支援者
6人
在庫数
制限なし

50,000

alt

①~➄に加え、
⑥セミナー・イベント(出版記念パーティー含む)に3回無料ご招待致します。

支援者
5人
在庫数
制限なし

100,000

alt

①~⑥に加え、
⑦カメラマンMALさんの出張撮影致します。(日本国内のみ)

支援者
5人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする