主に2つの理由があります。

 

ひとつは、プロジェクト説明本文にあるように、天井が3.35mと高く、室内の容量が多いからです。
もうひとつは、別々の設定にして、その日の天候に一番合う調整ができるからです。例えば、
・お客様の座る方は湿度が高くなるので除湿にして、演奏者側では、楽器に影響しないよう静かな弱い風にし、温度調整だけにする、など。今日のように台風接近中の雨もようでむしむしする時は、冷房と除湿のデュオです。
・春雨や秋の長雨の時期など、気温が低めで湿度が高い状況で、除湿をすると室温が下がり過ぎたり、場合によっては除湿が効かない時がありますが、片方を軽い暖房にすると、ちょうどよくできることが多いです。

猛暑厳寒の時期はもちろんですが、エアコンは一年中、日々お天気の様子を探りながら、このようにして2台を使い分けしています。

 

まだ停止には至っていないものの、いつ壊れるかもしれない1台の買換えのため、
多くのご参加、お待ちしております。
皆様の温かいご支援で、<Space1F>のチェンバロたちとフォルテピアノが守れます!!

 

現在、おかげさまで14%の達成となっています。心より感謝申し上げます!
ご支援いただいている方々へ、目標を達成して引換アイテムをお手元に届けられるように、さらに努めて参ります。今後もお知り合いへのご紹介など、お力添えをお願いできれば幸いです。

 

<おまけ情報>
来週土曜は第3土曜日、東日本大震災チャリティコンサートの第39回開催です。
ツイッター @origoetpractica ではお知らせしましたが、
タイトルは『真夏にガット弦で聴くベートーヴェン!』
15時から1時間のコンサートです。
出演者・演奏曲・会場など、詳細は http://www.space1f.com でご覧ください。
夏休みでお時間と場所が合いましたら、是非!

新着情報一覧へ